「DUKTIG」の紹介と活用例

全国で大人気のIKEAですが、中でもネコ好きたちに大注目を浴びたグッズとして「DUKTIG(ドゥクティグ)」があります。

もともと「DUKTIG」はおままごとシリーズとして販売されてきたもので、精巧に作られたキッチンや食器、ダイニングテーブルやチェア、食材などがシリーズとして展開されています。

そんな中で猫を自宅で飼育している人たちが注目をしたのが「DUKTIG人形用ベッド」です。
DUKTIG人形用ベッドは、長さ約40cm程度の小型の木製ベッドなのですが、そのサイズ感がちょうど猫の体格にぴったりということで猫用に購入をする人が一気に増加しました。

複数の猫を飼育している家庭では猫の数分購入して並べてみるなどインテリアとしてアレンジをする人もおり、いつもと違った猫たちの様子を撮影することができる大人気のグッズとなりました。

ちなみに価格は税込みで2499円(2019年4月現在)とお手頃なところも嬉しい点で、もよりにIKEAの店舗がない人も通信販売で購入をすることができます。
このDUKTIGベッドを使った写真は既にかなりの数がネットにアップされているので「DUKTIG 猫」で検索をかけるだけでもかなり気持ちの和む写真を多く見かけることができます。

製品そのものはシンプルな木製のフレーム部分と簡単な台座のみなので、そこに自分なりのアレンジを加えていくことでより猫たちのフォトジェニックにしていくことができたりします。

ただし猫たちが飼い主さんが気合を入れて選んできたものに見向きもしないということもまたよくあることですので、実際にDUKTIGベッドを購入された人たちはかなり苦戦をしながら猫たちに気に入ってもらえるようにカスタマイズをしているようです。

アイディア勝負で猫に気に入ってもらえたDUKTIGたち

そんなDUKTIGカスタムの中で、非常にアイディアがあるものをいくつか紹介していきます。
まず猫向けにしたものとして二段ベッドがあります。
DUKTIGベッドのすぐれた点は、普通の人形用ベッドと比較してかなりしっかり作られていることなので、骨組みさえしっかり作ってあげれば二段ベッドなど強度が必要なものにも使うことができます。

普通の一段ベッドとして使用する場合も、毛布を工夫したりクッションを重ねて置いたりすることでまるで人間のようにベッドでくつろぐ様子を見ることができます。

より豪華なベッドにということで、フレーム部分を白色に塗ってみたり、ベッドの上に天蓋をつけてみたりという人もいて、工夫しだいでかなり豪華なベッドにしていけます。

ちなみにDUKTIGに使用されている木材は丈夫なパイン材なので、猫だけでなくウサギなどかじりクセがある動物にも使うことができるそうです。