室内で猫を飼う場合は爪切りを

猫を飼う場合、必要になってくるのが「爪切り」の存在。
外猫の場合、爪がないと高いところに上ることができませんし、獲物を刈ることもできなくなってしまいます。なので、爪を切るということはかんがえられないことです。

猫として生きることが難しくなる原因にもなるため、猫の爪切りに関しては慎重であるべきでしょう。ただし、外猫の場合は外で活動している最中にある程度爪が丸くなりますので、そこまで爪切りを考えることはありません。

問題は、室内飼いの場合です。
室内に住んでいると、高いところに上ったとしてもキャットタワーや棚の上くらいですよね。
また、獲物を刈ることもありませんので爪が丸くなるということもありません。そのままにしておくと、「大切な家具に傷をつけられてしまう」ということになりますので、できれば早めに爪を切るなどの対処をしておきたいです。

大事な家具を傷つけられては、どうしても猫に対してイライラしてしまうことが出てくるでしょうからね。
では、どうやって切ったらいいのでしょう。

先端だけをきること

まず、猫のつめを切る場合は深く切るのではなく、先端を、丸くする程度に切るのが大事です。
猫の爪の根元まできってしまうと出血し、猫も痛がりますし血もとまりにくくなります。一度でもこういう嫌な思いをしてしまうと、その後はなかなか爪を切らせてもらえなくなるでしょう。

だから、先端のとてもとがっているところだけを切るという配慮が必要です。思い切って切ることはやめてくださいね。猫の爪の途中までには、きちんと神経が通っているということも踏まえて「爪を切る」ということが必要になります。先端だけを少し切るということを心がけて下さいね。
切るのは多くても2ミリ程度に抑えておきましょう。

無理やり切らない

そもそも、爪を切るという行為は猫が飼い主に抱かれるなどの行為をしないと成り立ちません。
実は、猫の中にはこれらの行為を苦手とする子も多いので「無理に切らない」などの工夫が必要です。何があっても、無理やり捕まえて爪を切るなんてことは避けましょう。

まずは猫が近寄ってきてくれること、だっこさせてくれること、リラックスしてくれることが重要です。大人しくしていてくれないと、間違って傷つけてしまう可能性もありますので気を付けましょう。そこで飼い主と猫の信頼関係が崩れてしまうこともありますので、注意をしなければなりません。

爪を切るには、まず飼い主と猫の信頼関係を大事にしてあげることが必要。それを超えて爪を切ることは良くありませんので、きちんと信頼関係を大事にしながら爪を切ることをしてあげてくださいね。無理に着ることは避けることが大事です。