猫が苦手なニオイの種類と共通する特徴

猫は人間の1万~10万倍もの嗅覚を持っていると言われています。
非常に優れた嗅覚を持っているとされ職業犬もいる犬と比較をすればやや落ちるものの、それでもかなり遠方の匂いを嗅ぎ分けることができる能力を猫は備えています。

ただしどんなにおいに対しても鋭く感知することができるというわけではなく、猫には本能的に強く嗅ぎ分けをすることができるにおいがあります。
中には強烈な感知をすることができるため、近くにそれらの発生源があると強いストレスを感じてしまうこともあるくらいです。

猫を室内飼育していくためには、そうした猫の苦手なにおいが身近にないようにしてあげるのも飼い主の務めです。
ただし猫が嫌だと感じるにおいかどうかは人間の鼻ではわかりにくいため、まずは猫が苦手とするにおいの傾向を知識として知っておき、そこから飼い猫がそれとなく避けていたりしないかということを観察していきましょう。

まず猫が最も苦手とするにおいの一つに「酸っぱいにおい」があります。
この酸っぱいにおいは、人の体の汗ややや古くなった食品など細菌が繁殖しやすい場所から発生するという特徴があります。

人間の健康によいとされる発酵食品などがわかりやすい例ですが、食べごろをすこし過ぎたキムチや漬物は酸っぱさが強めになります。
猫は肉食動物であり、それだけに肉類の新鮮さには敏感に反応をします。
そのため酸っぱいにおいが強い場所やものは本能的に「危険」と判断して嫌う傾向があるようです。

その感覚に近いのが「柑橘類のにおい」です。
レモンやみかんなどは人にとっては爽やかな香りですが、猫にとってはどちらかといえば不快なにおいとなって感じられるようです。
特に生果実ではなく加工によって作られた柑橘系の香りは嫌われがちなので注意が必要です。

柑橘類の他にハーブでお馴染みのミントやハッカといったものも猫が嫌がるにおいとなります。
室内や庭先のガーデニングでハーブを作っている人などは、猫が嫌うにおいがかなり多く含まれるので近づけない工夫をとってください。

日常生活にも嫌がるにおいがあります

その他にも猫が嫌いがちなにおいしては「男性の脇汗」「コーヒーの香り」「タバコのにおい」などがあります。

猫は人間では男性よりも女性を好む傾向が強いのですが、その理由の一つとして男性の脇汗に含まれるフェロモンが猫にとっては強烈に感じてしまうからとされています。

「コーヒーの香り」は中に含まれるカフェインを猫が毒素と感じ取って嫌がっていると言われますし、「タバコ」は煙に含まれる有害物質を嫌っているとされます。

そもそもとして猫は自分のにおいをテリトリーにつけて安心感を得る動物なので、いずれも強いにおいとなるものは好まれないと考えた方がよいでしょう。