必ず現行犯で猫を怒るようにしないと意味がない

猫はとても遊び好きですし、動くのがすばしっこいので、家の中で猫を飼っているとどうしても物を壊してしまうことがあります。
また、自分のテリトリーを示すために、家の中でマーキングをしてしまうこともあるでしょう。
こうした行為はどうしても止めさせたいので、叱りたくなるものです。

確かに、しつけには叱って教えることも大事ですが、その叱り方を間違えると意味がないばかりか、猫にストレスを溜めるだけとなってしまいますので注意しなければなりません。
その一つが、いたずらをしてから随分時間が経ってから怒るということです。
猫は時間が経つと自分が何をしたかを忘れてしまうため、飼い主に怒られてもなぜ怒られているのかが分かりません。

そのため、叱られてもそれがしつけとなることはありませんし、単に萎縮してしまうだけとなります。
こうした事態を避けるためには、必ず現行犯で愛猫を叱るようにしなければなりません。
いたずらをした瞬間に猫を捕まえて、その場で叱るようにすれば、猫もなぜ怒られているのかが分かって理解できるようになります。

叱る時には名前で呼ばない

叱る時についしてしまう間違いのもう一つは、名前を呼んで怒ることです。
これは人間に対してであれば、自分に直接叱っていることが分かって事の重大さを理解させることにつながりますが、猫には効きません。

むしろ、名前を呼ばれることが何か叱られる時であるという関連付けをしてしまうことになります。
それが続くと、名前を呼ばれることでストレスを感じたり、名前を呼ばれると逃げてしまったりすることに繋がってしまうのです。
名前を呼ぶのは、ほめたり何かをあげたりする時だけにして、悪いことと名前を呼ぶことを関連付けないようにしましょう。

いたずらを繰り返させないためにできる叱り方

叱る時は、できるだけ低い声で話すようにすることがポイントです。
怒るとつい声が高くなってしまう人もいますが、猫にとっては高い声はどちらかというとうれしいトーンに聞こえてしまいますので、叱られていることに気づかない恐れもあります。
一方で、低い声は猫の緊張度を高めるものとなりますので、自分が悪いことをしたということを認識させるのに役立ちます。

そして、単に言葉で叱るだけでなく、猫がちょっと嫌がることをして、悪いことをすると自分も嫌な思いをするということを体で覚えさせる必要があります。
たとえば、水をちょっと顔にかけたり、スプレーのエアを体に吹きかけたりします。
もちろん、殴ったり蹴ったりという虐待になるような行為は決してしてはいけません。

こうした叱り方に注意することで、しつけが効果的に進み、とてもお行儀のよい猫になってくれます。