夕方と明け方に行動する習性を持つ猫

昼間はずっと寝ていて、暗くなるころに外に出かけていなくなって朝になると戻ってくる猫や、夜になると急にバタバタと走り始める猫がいます。
飼い主にとっては眠りが妨げられることも多いので、困ってしまうものです。

こうした猫の習性は本来野生のころから身についてきたものですので、簡単に改善させることはできません。
というのも、猫は元々夕方暗くなるころと、朝の日が昇り始めるころにハンティングをするというスタイルを持っていた動物だからです。
特に明け方は猫の狩りの対象でもある鳥が活発に行動する時間ですので、やはり猫も活動的になりやすいのでしょう。

とはいえ、だいたいの品種は人間と一緒に過ごしてきたという長い歴史を持っていますので、夜行性の活動をする習慣が薄れてきています。
そのため、きちんとした対策を取れば夜中にうるさくするという問題を解決できるようになっていくことが多いのです。

昼間しっかりと運動させてあげることで夜うるさくなくなることも

夜中に室内で走り回っている猫はたいていの場合、昼間きちんと遊んでいなかったり、運動をしていなかったりするものです。
そのため、昼間にきちんと運動をさせるというのが有効な方法となります。

一番はやはり飼い主が一緒に遊んであげることで、LEDライトやボールなどを使って走ったりジャンプをさせたりしましょう。
もし、それほど昼間の時間に家にいられないのであれば、室内にキャットタワーを置くことが有効です。
猫の運動の中でも最も体力を消耗するのはジャンプすることですが、キャットタワーは縦に高くなっていて、猫がジャンプしたり駆け上がったりしやすいようになっていますので、運動量が多くなるというメリットがあります。

もう一つのポイントは、夜に食事を与えるというサイクルを作ることです。
人間と同じように猫もご飯を食べてお腹がいっぱいになってくると、眠気が襲ってきます。
そのため、昼間はあまりエサを与えずに夜になってからあげることによって、眠気を誘い夜中の行動を抑制することが可能です。

飼い主へ何かを訴えていることもある

猫が夜中に活発になるのは主にその本能的な行動とも言えますが、今までそのようなことがなかったのに急に生活パターンが変わった時は、何かを訴えていることがあります。
飼い主があまり構ってくれないのでストレスが溜まり、それが飼い主がいる時にバタバタするという行動になって表れてくるのです。
それで、夜中の猫の行動に困っているのであれば、まずはなにより愛猫と一緒の時間を多く取ってあげて、たっぷりと遊んであげるようにしましょう。

もう一つは、発情期にあるケースです。
発情期にあるオスは夜中にかなり活発になって、独特の鳴き声をあげるようになります。
これは一過性のものですので、見守ってあげるのが一番でしょう。