留守番を始められる子猫の月齢とは?

生まれたばかりの子猫は温度管理もできませんし、ミルクをすぐに必要としますので、いつでも一緒にいてあげる必要があります。
しかし、少しずつ成長してきたら、子猫だけでお留守番ができるようにしていかなければなりません。

温度管理を飼い主がしてあげなくても元気でいてくれるようであれば、月齢2か月くらいで留守番ができるようになります。
しかし、いきなり長時間の留守番は危険ですので、まずは2時間から3時間程度として、すぐに帰ってくるようにしましょう。

その後、月齢が3,4か月くらいになったら半日程度の留守番をさせてみることができます。
その前には、数時間程度の留守番を何回かさせてみて、問題なくできるということが分かった時点で、今度は半日と時間を伸ばしてみましょう。

一日の留守番をさせたいのであれば、やはり6ヶ月くらいまでは待ちたいものです。
もちろん、その前にも半日程度の留守番を繰り返して大丈夫と分かってから、一日家を空けるようにしましょう。
このように、いきなり長時間の留守番をさせるのではなく、少しずつ時間を伸ばしていって大丈夫だと思えたら、より長い時間にするという進め方をすることが大事なのです。

留守番をさせることを考えて普段から慣れさせておく

飼い主が一日中いつも家にいることが難しいのであれば、愛猫に留守番ができるように徐々に教えていくことが大事です。
その際には、いきなり一人にするのではなく、前述のように徐々に時間を伸ばしていくと同時に、留守番をする環境に慣れさせていきましょう。

まず、入ってはいけない台所などの場所を教えるためにも、普段から立ち入り禁止区域を設けて、そこに入らないようにしつけることも大事です。
こうしたしつけと慣れを徐々に普段の時からすることによって、愛猫が一人で留守番をすることになっても、いたずらをしたりストレスを溜めたりせずに安心して過ごせるようになれます。

留守番をさせるための道具

留守番をさせる場合は、いろいろな事故を防いだり、遊んで家の中をぐちゃぐちゃにしたりしないように、少なくても最初はケージに入れておいた方が安心です。
しかし、留守番をする時だけいきなりケージに入れられると、ケージへの恐怖心や嫌悪感が付いてしまい、ケージに入れられるのを嫌がって反抗するようになります。
それで、飼い主がいるときもちょっとずつケージに入れてあげるようにして、中で楽しく過ごせるようにおもちゃを置いたり、おやつをあげたりして、徐々にケージに慣れるように助けてあげましょう。

離しておくのであれば、一人で遊べるようにキャットタワーを作るのも良いですね。
他のところで遊んで家の中を散らかされずに済む、というメリットもあります。