元々肉食の動物

昔の猫はご飯に味噌汁をかけただけのいわゆる「ねこまんま」を与えられていたといいます。
猫は元々肉食の動物です。
これでは栄養が足りなくて、健康を害してしまう猫ちゃんも多かったことでしょう。
しかし昔の猫はネズミなどを捕獲していたので、
そこで動物性たんぱく質を補っていたとも考えられています。
昔の猫ちゃんってワイルドだったんですね。

キャットフード

ペットフード
近年は猫には市販のキャットフードを与えている家庭が多いのではないかと思います。
キャットフードは総合栄養食といわれ、あとは新鮮な水を用意してあげれば良いというものです。
キャットフードを与えておけば栄養面での心配はありませんし、
飼い主さんも買ってきたのをあげれば良いのでラクですよね。

キャットフードの種類

キャットフードはドライ・ソフトドライ・セミモイスト・ウェット缶詰・ウェットその他に分けられます。
ドライといわれるものは製品の水分が10%以下のフードです。
水分含有量が13%以上だとカビがが生える可能性があるため、12%以下にしなければなりません。
ほとんどのドライフードが水分含有量10%以下なのは、安全性に配慮しているからだそうです。
カリカリと呼ばれるドライフードは栄養のバランスが一番取れているといわれています。
水分が少ないので、常温保存ができるのもメリットです。
堅さがあるので、猫が噛むことで歯石予防にもなるといわれています。

ドライフード

ただドライフードを与えるときは、たっぷりな水を用意してあげる必要があります。
これはドライフードだけでは、尿路結石になりやすいためです。
ソフトドライとセミモイストフードは、水分が25%から35%となっています。
触るとしっとりした感じがあると思います。
このしっとりさを保つために、湿潤調整剤というものを使用しているそうです。
ドライフードを乾燥させていないものといえばわかりやすいかもしれません。
フードというより、おやつといわれるものに多いようです。

ウェット缶詰

ウェット缶詰は、水分が75%程度です。
品質保持のために殺菌工程を経て、缶詰にされます。
その他ウエットはほぼ同じ工程で、缶詰ではなくアルミトレーやパウチにされているものです。
ウェット製品はたんぱく質、脂肪、水分などが多く含まれています。
ビーフ味やまぐろ味など、味のバリエーションも多くて人間でも美味しそうと思うような
高級感がありますよね。
ウェット製品はやわらかいものが多いですから、
これだけでは猫のあごが弱ってしまうということもあるようです。
以上を踏まえると、カリカリとウェットを併用して与えると良いかもしれませんね。

まとめ

猫はとてもグルメで飽きっぽい動物です。
いつも同じものを与えてると、急に食べなくなることがあります。
具合が悪いのかな?と心配してしまいますが、飽きてしまい食べないのかもしれません。
その場合は違う味のフードを与えてみてください。
与える適正量はフードのラベルにだいたい表示されていますので、確認してあげてくださいね。