最近はグルメな猫が多い

猫はグルメな子が多いといわれています。
食べ方も犬のようにガツガツと食べる印象はなく、なんとなく上品な感じがしますね。
実は違うのは、食べ方だけではありません。
必要な栄養素も、猫と犬では全く異なるのです。
猫は基本的に肉食です。

一方犬は何でも食べる雑食。
ペットショップなどへ行くと犬のおやつは種類がたくさんあるのに、
猫のおやつはバリエーションが少なすぎる!と不満に思っている愛猫家はいませんか?
これは犬は雑食なので、いろいろな素材でおやつを作ることができるからなのです。
猫は肉食なので、作れる種類が決まってしまうのです。
たまに犬も猫も同じだろうと、猫に犬のフードを与える飼い主がいますが、
病気になる可能性もあるので絶対にやめましょうね。
(もちろん犬に猫のフードを与えるのも厳禁です)

猫にはタンパク質が欠かせない

猫が必要とする栄養素は、どのようなものなのでしょうか。

とにかくたんぱく質
猫は肉食動物なので、たんぱく質を多く必要とします。
筋肉や皮膚や毛のもとになるたんぱく質は、アミノ酸からできています。
これが少ないと免疫機能が低下してしまうのです。
アミノ酸の中の必須アミノ酸は体内で作ることができません。
ですから食べ物で摂取しないといけないのです。

タウリン

よく人間の栄養ドリンクに「タウリン○○グラム配合」なんていう表記を見かけます。
タウリンを摂取すると、元気が出るような感じがしますね。
猫はタウリンを自分の体内で作ることはできません。
人と犬は体内で作ることが出来るといいますから、猫はかわいそうですね。
タウリンは何に含まれているかというと、肉などの動物性たんぱく質にしか含まれていません。
猫が肉食なのは、このためなのかもしれませんね。
タウリンが不足すると視力が無くなったり、
心臓病になる可能性がありますので大切な栄養素といえるでしょう。
このソマリのサイトでも猫の食事には気を使っているようです。

脂肪酸

脂肪と聞くと肥満の原因になるもので、あまり摂取しない方が良いものなのではないか?
と思いがちです。
しかし猫にとっては、貴重なエネルギーとなります。

古来から猫は単独で行動し、狩りを行っていました。
場合によっては何日も獲物が獲れず、食事ができない場合もありました。
そのような環境でも生きていくためには、
高エネルギーの脂肪をこ効率よく吸収する必要があったのです。
脂肪酸にはリノール酸とアラキドン酸という栄養素があるのですが、
こちらも猫は体内で作り出すことができません。
こちらも肉などを食べて摂取する必要があります。

ビタミンA

ビタミンAは肉などの植物性食品に含まれるものと、
野菜などの植物性食品に含まれるカロチンがあります。
人間ならカロチンは体内でビタミンAに変換されるのですが、猫は肉食なのでそれが出来ません。
やはり肉などから摂取する必要があるのです。
ビタミンAが欠乏すると、目の障害、毛づやが悪くなる、
成長障害などが現われることがありますので注意しましょう。
こう見ると、猫が肉食である理由がわかると思います。

まとめ

現在のキャットフードは総合栄養食として、猫に必要な栄養素をバランスよく含んでいます。
良質なフードを適量与えてあげましょう。