イメージする食べ物

猫が何かおいしそうに食べている姿を見ると幸せな気持ちになってしまいます。

皆さんは猫はどのようなものを好んで食べているかご存知でしょうか?
イメージとしてはお魚屋さんに並べられている生魚を盗んで骨まで食べる泥棒猫の姿を思い浮かんでしまいます。

飼い猫を飼育している人のほとんどは栄養バランスが整っているキャットフードを食べさせているので、猫が頭がついている魚を丸ごと食べている姿を見ることはめったにありません。

でも猫は本当にお魚が大好きな生き物です。
カツオやマグロを原材料としている缶詰タイプのキャットフードは喜んで食べますし、ご主人様が焼き魚を食べている姿を物欲層にじっと眺めていたりしているものです。

小さいころ猫を飼っていた時に、私が残した鰯を猫が勝手に食べていた記憶があります。
それに猫のお誕生日の時には大好物である魚のお刺身をあげると無我夢中になって食べています。
焼いている魚よりも生のほうが大好きなのは猫としての本能がそうさせているのかもしれません。

魚以外の食べ物

魚以外にも、ササミも好きです。
ササミはお肉の中でも脂肪分が少なくて非常にあっさりとしているので、魚の食感が好きな猫でしたら美味しく食べることができます。
お魚がない時には茹でたササミをほぐして与えると美味しそうに食べてくれます。

そして意外と乳製品も好きなのです。
猫が牛乳を美味しそうに舌でぺちゃぺちゃと飲んでいる姿はよく見かけませんか。
赤ちゃん猫だけだと思っていたのですが、大きくなった猫も時々牛乳を飲んでいます。

さらにチーズを食べることだってあるのです。
固形物でしたら食べやすいですし、濃厚な牛乳の味がしますので猫にとっては贅沢な一品かもしれませんね。

そして猫は野菜などは食べないのという意見がありますが、知り合いが飼っている猫は近所に生えている柔らかい草が大好きです。
新芽が特に好きみたいで、草がたくさん生えている公園へ出向いて猫のために草を取って食べさせているそうです。
そして小松菜などしっかりと柔らかく茹でて葉の部分を与えるとちょっとは食べてくれます。
健康のために野菜を与えないといけないと思いがちですが、猫が必要だと思った時に与えているほうがいいでしょう。

他にもちくわや煮干しなどの魚からできた加工食品も大好きですし、果物では意外と苺を食べることもできます。
猫は魚以外の食品でも意外と美味しくいただいているものです。

グルメな生き物ではありますが、健康の事も考えて食事管理をしてあげましょう。