猫はとってもきれい好き

まず、猫という生き物は「きれい好き」ということを覚えておきましょう。
トイレが汚れていると、嫌がってそこではトイレをしないなどのこともあるそうです。

この場合、猫が「掃除をしてくれ」と訴えてきますから、それを聞いてきちんと処置をしてあげましょう。猫砂はいつも綺麗にしておくこと、これが常識です。一度トイレをしたら、その後にきちんと片づけてあげてください。猫砂も、ある程度の期間できちんと変えてあげてくださいね。

設置する場所は、食べる場所とは遠いところがいいでしょう。
あまりひとめにつかないところに設置して、猫が気にせずトイレをすることができるようにしてあげてください。
風通しがいいところにおいておくと、臭いもこもらないのでオススメですよ。

最近は、環境にもいい「おからの猫砂」が販売されていますが、おからの猫砂は猫が食べ物と間違って食べてしまうこともありますので、状況によっては辞める選択もひつようかもしれません。特に、飢えた経験のある猫の場合はおからの猫砂を食べるケースもあるので、注意しましょう。

子猫のトイレについて

子猫の場合、通常は「ママのおっぱいを飲んだ後に、ママ地震が子猫のお尻を刺激して尿や便を出してあげる」という方法をとります。だから、最初からトイレを使えるわけではありません。
鳴いている子猫
何らかの事情があって子猫しかおらず母猫がいない場合、ミルクを飲んだ後にはティッシュなどでお尻を刺激して、出してあげましょう。尿や便の回数は健康のバロメーターになりますので、あまりに回数が少なかったり、色がおかしかったりという場合は 病院にいくことが必要です。

時期がくるまでは人間がトイレのお世話をしてあげること、それがとても大事なので、しっかりとトイレができるようにしてあげてくださいね。

どんなトイレが人気なの?

子猫のうちは、トイレに入りやすいような背丈の低いものがいいかもしれません。
猫のトイレを買った人の中で、子猫なのに入口の背丈が高いものを購入してしまい、猫がなかなか中に入れずにトイレを失敗してしまったという話もよく聞きます。猫は基本的に身軽なので、多少高いところならまったく問題なく行動しますが、子猫のうちは高さを考えてあげた方が良いかもしれません。

臭いが気になる人は、ドームタイプの猫トイレを使うと良いでしょう。
このタイプの猫トイレであれば、外に臭いが漏れてしまうということがありません。トイレの臭いはかいでいて気持ちがいいものではありませんので、特に食べるところとは隔離してあげるといいでしょう。
猫トイレにもいろいろなタイプがあるので、「これ」というものを探してみることをお勧めします。ぜひ、ぴったりの猫トイレを探してみてくださいね。