猫草という植物も口にします

koneko4
猫は肉食ですが、植物も口にします。
猫草がその代表ですね。
猫草を食べることによって、猫の胃腸の調子を整える作用があると言われています。
我が家の猫は胃に毛玉がたまると、猫草を食べては吐き出していましたよ。
猫草を口にするのは、問題はありません。
しかしお部屋のインテリアなどとして好まれる観葉植物などには、猫の体には有害な物質を含んでいるものが多くあります。
中毒になってしまうと嘔吐や下痢などを引き起こして、最悪は死にいたってしまう場合もあります。
動物病院に中毒症状で運び込まれる猫ちゃんのうち、植物による中毒症状の数は上位を占めているということです。
現在あなたのお部屋に、観葉植物などは置いていませんか?
それは猫にとっては、危険な植物ではないでしょうか?
今一度確かめてみてくださいね。

ユリ科の植物は危険

猫に危険な植物として、危険度が高いのがユリ科の植物です。
ユリ科の植物は猫にとっては、たとえ口にしてしまったが少量でも危険です。
嘔吐や食欲不振、気力がなくなる、腎不全、肝臓障害、脱水症状などを引きおこしてしまいます。
死亡してしまうケースも少なくない、一番注意をしなければならない植物といえるでしょう。
実例として葉を一枚だけ食べて死亡した例や、花粉をなめただけで死亡した例もあるといいますからその怖さがわかると思います。
切花を入れていた水にも毒がしみていますから、誤って飲んだりすると大変ですので注意が必要です。
ユリのほか、ツツジ科の植物、アボカド、イチイ、シクラメン、忘れな草、菊なども猫にとっては危険度が高い植物といえます。
またチューリップやスイセンなどの球根の植物も、胃腸障害や食欲不振、痙攣や心肺機能の低下などの症状を引き起こす可能性がありますので、危険度が高いといえるでしょう。

観葉植物で炎症を起こしてしまう場合も……

観葉植物などでよく見られる、ポトスやアイビーといったつる性植物にも気をつけなければなりません。
口にすると口や唇、舌などに熱を持ち炎症を起こしてしまいます。
その結果よだれが過剰に出たり、嘔吐、嚥下障害などになってしまいます。
またスパティフィラム、ディフェンバチア、カラジウムなどの観葉植物も同じような症状を引き起こします。

猫ちゃんがよだれをだらだらと垂らしていたり、口元に泡がついていたり、お腹を痛そうにうずくまっていたりする場合は、植物を誤食してしまったことによる中毒の可能性があります。
嘔吐や下痢が見られたり、普段と違う雰囲気だったらすぐに動物病院に連れていき獣医さんに診察してもらいましょう。
最初は軽症だとしても放っておくと中毒が悪化して、最悪な事態になることも考えられます。
動物病院へ行くときは、誤食した可能性のある植物を一緒に持っていくと、医師の診断も早くなり適切な処置を受けられるでしょう。
もし観葉植物がお部屋にある場合は、猫の手が届かないところへ移動しましょう。
それが無理であれば、お部屋に観葉植物を置くのはあきらめた方が良いと思いますよ。