人間の食べ物は危険!

人間が食事をしているときに、猫が寄ってくることは多いと思います。
そんなとき、「どれどれ、ちょっとだけなら・・・」なんて人間の食べ物を猫に与えてしまっている飼い主さんはいませんか?
人間には必要な栄養素を含んでいる食べ物でも、猫にとっては有害な食べ物もあるのです。
「猫が食べたがっているから」といって、安易に人間の食べ物を与えるのは危険なのです。
では猫に食べさせてはいけない食べ物にはどんなものがあるのでしょうか。

ネギ類

玉ねぎ、長ネギ、にら、あさつき、にんにくなどのネギ科の食物は、猫が貧血を起こしてしまいます。
これはネギ類には、赤血球を破壊するアリルプロピルジスフィドという成分が含まれているから。
ネギ中毒を起こすと、下痢や嘔吐、最悪は死に至ってしまうこともありますので注意が必要です。
ハンバーグや餃子などにはネギ類が含まれていますから、絶対に与えてはいけませんよ。

イカ・タコ・エビなど

昔からの言い伝えに「猫にイカを食べさせると、腰を抜かす」というものがあります。
そんなの迷信では?と思いますが猫にイカやタコ、エビなどを与えると、消化不良を起こしてしまい下痢や嘔吐をしてしまいます。
結果弱ってしまった猫が、フラフラと歩くのもままならなくなった様子をさした言い伝えです。
ですから迷信ではないのです。
またスルメなどのイカを加工したものも良くありません。
スルメは食べると胃の中で、水分を吸収すると約10倍にも膨れるのだそうです。
猫の小さな胃では、胃拡張になってしまう可能性もあります。

あわび

イカと同様、あわびには「猫にあわびを食べさせると、耳が落ちる」といる言い伝えがあります。
これも決して迷信ではありません。
あわびを食べると耳がかゆくなって、かきむしるため耳がちぎれてしまうのです。

骨類

豚・鶏などの肉の骨、魚の骨などは与えないようにしましょう。
猫のするどい牙でなら、噛み砕けるのでは?と思いがちですが、
のどに刺さってしまう可能性があります。
猫ののどや消化器官は、とても細くできています。
ですから骨が刺さりやすく、もし刺さってしまったら
腸閉塞を起こしたり、窒息してしまう可能性もあります。
怖いですね。

チョコレート・ココア

カカオマスには、猫に下痢、吐き気等を引き起こす成分が含まれています。
また興奮作用もあり、血圧上昇や不整脈などが起こることも。
そして甘いものは、肥満や糖尿病を引き起こす原因になります。
チョコレートのほか、ケーキやクッキーなどのお菓子なども与えないようにしましょう。

その他

他にも牛乳、香辛料、コーヒー、ドックフード、加工食品、人間用の薬などがあります。
こんなにたくさんあったら、全部猫にとってはダメなように感じてしまいますよね。
ですから人間の食べ物は与えずに、キャットフードを与えるのが猫の体のためには
一番良いと思います。
猫ちゃんが誤食しないように、食べ物の置き場所にも気をつけてあげることが大切です。