ペット霊園

飼っていた猫ちゃんが亡くなってしまったら・・・。
あまり考えたくはないことですが、いつかはやってきてしまうことなのです。
泣いている女性
そんな悲しい時が来てしまったら、まず猫ちゃんの体をキレイな布なので拭いてあげましょう。
気温が高い夏などは、保冷剤などで体を冷やしてあげておくと良いと思います。
それから葬ってあげる方法を決めなければなりません。
自宅に庭や広い土地がある場合は、そこに土葬してあげても良いでしょう。
しかしマンションに住んでいたり、頻繁に引越しをしている家庭での土葬は難しいと思います。
そこで火葬ということになりますが、ほとんどの飼い主さんが利用しているのがペット霊園です。

ペット霊園とは?

亡くなった猫を火葬してくれ、遺骨を葬ってくれるというサービスを受けられます。
永代供養も可能ですので、自分がいなくなったら誰も御参りをしてくれる人がいないという人でも安心です。
そして最近注目をされているサービスが、自宅でできる火葬です。
これはペットを火葬できる車が、自宅まで来て火葬をしてくれるというものになります。
猫は人ではなく家になつくというように、環境の変化をとても嫌う動物です。
これなら住み慣れた自宅で火葬することができ、猫も安心して天国へ旅立てることでしょう。
ペット霊園でのお葬式の費用ですが、だいたい3万円から10万円くらいと言われています。
さまざまなプランが用意されていますので、飼い主さんの好みで選択をしてください。
ただ、お葬式はお金をかければ良いというものではありません。
大切な猫ちゃんを天国へ送るという儀式ですので、心がこもっていれば費用が安いプランでも構わないと思います。
では、どのようなペット霊園を選べば良いのでしょうか。
ペット霊園はいろいろなところがありますので、選ぶポイントを見ていきましょう。
可能であればあらかじめどのような設備になっているのか、自分の目で確かめておくと良いと思います。
自宅から近いなど、猫ちゃんを御参りしやすい場所のところを選ぶという方法もありますね。
また事前説明をしっかりしてくれる業者を選びましょう。
猫のお葬式の流れ、その後の供養・サービス、かかる費用などの説明は重要なポイントとなります。
このようなことをあいまいにしてしまう業者は、信頼できるとはいえません。
猫の遺骨を預けたはよいけれど、慰霊もなくほったらかしという悪質な業者もいるかもしれません。
大切な猫ちゃんが安らかに眠りにつけるようなペット霊園を選ぶのも、飼い主さんの役割ではないでしょうか。

その他

またペット霊園などの他に、地方の自治体でもペットの火葬を行っているところがあります。
しかしほとんどが合同火葬で、生き物というよりは所有物という扱いをされてしまいます。
担当の部署が、清掃担当の課であることからも推測できるでしょう。
自分の猫の遺骨を拾い持ち帰ることも出来ませんので、あまりオススメはできません。
ただ費用が安く済むというメリットはあります。