困るのが猫の噛み癖

猫と一緒にいて困るのが「噛み癖」。
「噛む」というと犬を連想する人が多いですが、実は猫も噛みます。
そもそも、猫というのはハンターとして生活をしてきた動物なので、その習性がまだしっかりと残っています。
お腹がすいていなかったとしても、動いているものがあったら噛みつくのは猫の本能。

つまり当たり前のことなので、噛むこと自体は不思議なことではありません。
でも、噛み癖があるとやはり猫が苦労しますし、飼い主にとってもいいことはありませんので直していかなければなりません。ぜひ、対策をしていきましょう。

なぜ噛み癖があるのか?

子猫でも、兄弟と一緒に育ったこの場合は「甘噛み」を覚えます。
つまり、飼い主や家族に本気で噛みつくことはないのです。
兄弟と一緒にいると、一緒に遊ぶ中で「大切な相手を傷つけない」ということを学びます。
猫の社会性とは、そういうところではぐくまれるわけです。

でも、一匹だとそういうことを教えてくれる相手がいません。「こういうときは甘噛みするんだよ」などと言ってくれる相手がいないために、勢いのままに噛んでしまうことが多いのです。
一匹しかいないということは、こういうデメリットを産む場合があるのですね。

よく母猫に育児放棄された子猫を里親がひろって育てるケースがありますが、この時に人間が人口哺乳で猫を育てたとしても、社会性まで教えることはできません。猫が一匹で育つというのは、やはりとても大変なことなのです。しかし、人間と生活をしていく以上この癖はなんとしても治療をしなければなりません。
では、噛み癖はどうやったら治るのでしょうか。

まず、噛み癖がある場合は「人に噛みつくようなことをしたら、叱る」ということを徹底しましょう。
よく、噛み癖をなくすためのしつけに「猫を叩く」というものがありますが、これはよくありません。叱って、遊ぶのを辞めること。これが一番効果的です。「噛んだらもう遊んでもらえない」ということを教えることが、この噛み癖をなくすには重要なことになっています。

この噛み癖はできるだけ小さいうちになおしましょう。
猫に限りませんが、やはり躾というのは小さければ小さいほど入りやすいことがありますので、もししつけをするのであれば早いうちからはじめてみてください。

噛み癖があるとやはり人間にとってストレスになりますし、ケガの原因になってしまいます。猫と一緒に生活をしていく上で、これだけは絶対に治しておきたい癖ですので、ぜひきちんとしたしつけをしていくことをお勧めします。そのまま放置しておくとどんどん症状がひどくなりますので、きちんと躾けをしてできるだけ早くに辞めさせてあげることが重要になります。