無責任な飼い主にはならないで!

ひよこのぬいぐるみと一緒の子猫
猫が欲しいからといって、無責任に猫を飼ってしまう人がいます。
結局飼えなくなって、捨ててしまい野良猫にしてしまったりする
とんでもない飼い主がいるのは事実です。

そのような人は、猫を飼う資格がないのです。
猫は生き物ですから、養ってあげなければなりません。
食費もかかりますし、トイレの砂などの消耗品もかかります。
またケガや病気になったら、治療費だってかかるかもしれません。
猫を飼うならそのようなことを理解しておく必要があります。
ただカワイイから、という理由だけで猫を飼うことはやめましょう。

猫を飼った場合の費用

猫を飼うには、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。
まずは猫を飼い始めるときに、用意するものです。
トイレ、猫砂、爪とぎ、フードなどなどにかかる費用の目安は、5000円くらいでしょうか。
子猫を飼い始めた場合は、ワクチン接種をしなければなりません。
ワクチンは絶対しなければならないものではありませんが、
子猫は抵抗力が弱く風邪などを引きやすいので接種しておいたほうが安心できます。
生後1年までの間に、2回〜3回する必要があります。
また成猫になったら、一年に一回ワクチン接種をしておくと良いといわれています。
ワクチン接種の料金は動物病院などでも違いがありますが、
だいたい1回5000円くらい見ておけば良いと思います。

また生後半年ほどたったら、去勢や避妊手術をする必要もでてきます。
ウチの猫は完全室内飼いだから、去勢や避妊は必要ないという人もいるかもしれません。
しかし発情した猫は「ギャオー、ギャオー」と大きな声で鳴いてとてもうるさい場合があります。
近所に迷惑がかかることもありますよ。
オスの場合ならあちこちにおしっこをかけて回るスプレーという行動をすることもありますので、
子猫を望まないのであれば去勢、避妊手術はしておくべきだと思います。
こちらの手術も動物病院によって費用は違ってくるのですが、
オスなら15000円、メスなら25000円くらいが平均的ではないかと思います。

そのほか常に必要な費用は、キャットフードと猫砂ですね。
一匹あたり毎月5000円くらいあれば、猫ちゃんを養うことは可能でしょう。
安価なキャットフードを与えていれば、もう少し安くすむかもしれません。
しかしあまりに安価なフードは品質に問題があり、
尿路結石や腎臓病を促す場合もあるらしいのであまりオススメはできません。

あとはおやつを買ったり、ネコベットを買ってあげたりというようなこともあると思います。
怪我や病気になれば動物病院にかかる可能性もあるということを、覚えておいてください。
動物病院は保険が適用になりませんので、治療費がとても高額になってしまいます。
払えるか心配・・・という場合は、ペット保険がありますので、加入を考えておいても良いかもしれません。

縁があってせっかくあなたの元へきた猫ちゃんなのですから、
最後までしっかり面倒を見てあげてくださいね。