便利なグッズ

猫を飼う時に便利なグッズにはキャットケージとタワーがあります。
ケージはその名の通り猫に入ってもらうための場所で、小型犬を入れるものと同じようなイメージのグッズです。
ケージを活用しますと猫の室内での飼育がとても楽になります。
この中に猫を入れておきますと、部屋の窓や扉を開けた時に猫の外への逃走を防げます。
また、家族が食事をしている時にテーブルなどに登ってしまうくせのある猫のしつけに役立てることもできるのです。
ケージに入れておけば猫にテーブルに上がられることはありません。
複数の猫を飼育している場合もこのグッズは役立ちます。
すでに家にいる猫になじむまで、新しい猫を入れておけばトラブルに発展せずに済みますし、病気に感染した猫がいる場合、隔離する時にも便利です。

キャットケージ

キャットタワーから顔を出す子猫
猫をケージに慣れさせるコツは、その中でえさを食べさせたり、普段寝床に使っている毛布などを入れおいたりすることです。
ケージには猫用のトイレを中に設置しても邪魔にならない大型で高さがあるものと、置く場所を選ばない小型のものがあります。
どちらのタイプにも台車がついていますので、好きな場所に移動させることができます。

キャットタワー

キャットタワーは室内で飼っている猫の運動不足を解消するためのグッズです。
これがあると猫は登ったり降りたりの運動をすることができます。
それぞれ猫によって最適なものが違いますので、状況に応じて選ぶようにしましょう。
同じタワーでも子猫に適したものから大人の猫に適したもの、重量のある猫に適したものなど様々なものがあります。
さらには、複数の猫を飼っている場合に適したものも販売されています。
自分の飼っている猫の大きさや体重、年齢、数を考えたタワーを選択しましょう。
キャットタワーは本体の支え方によっても2種類に分類されます。
1つ目は重量のある台座で本体を支えるもので、移動させやすい、天井を傷めないという大きな利点があります。
もう一つは天井にしっかりと固定するタイプのもので、複数の猫を飼っている場合に最適なものです。
このタイプのタワーは天井までタワーを設置できますので、高いところに登るのが好きな猫を満足させられるでしょう。
タワーの材質には木でできたものと、ポールに綿や麻のひもを巻き付けたもの、段ボールでできたものなどがあります。
段ボールでできたものには組み立てや移動が簡単にできるという利点があり、木製の物には猫の遊び道具として役立つだけではなくインテリアにもなるというメリットがあります。