ロシアの厳しい寒さを耐えぬく猫

猫といえば寒がりで温かい室内でぬくぬくと過ごしているというイメージがあるもの
ですが、ロシアのように過酷な寒さの中でもたくましく生き抜いてきたとされるのがサイベリアンです。
サイベリアンは西暦1000年頃から存在していたとされる猫で、シベリアの森で自然に誕生した猫だと言われています。
厳しい寒さにも耐えぬくことができるように分厚いダブルからトリプルコートの被毛
を持つことから、自然とうまく共存できたのだと推測できます。

1980年代からロシアで血統管理が行われるようになり、
1990年代にアメリカでも注目された品種とされています。
ロシアの著名人も飼育していた猫として知られており、
かつて大統領を務めていたゴルバチョフ氏やメドベージェフ氏なども飼育していたそうです。

日本との友好関係を築くためにも活躍してくれている猫で、
2013年にはプーチン大統領から秋田県知事あてに寄贈されています。
その前に秋田県の知事が東日本大震災により被害を受けた際の復興支援に、ロシアが参加してくれたお礼として秋田犬をプーチン大統領に寄贈したことへのお返しとして行われたもので、お互いにその土地で愛されている動物を寄贈することで友好関係を築くことになりました。
この時贈られたサイベリアンはミール(ロシア語では「平和」という意味)と名前を付けられて大切に飼育されています。

サイベリアンの特徴と性格

サイベリアンは元々野生でたくましく生き抜いてきた猫なので、体はとても大きくて筋肉質です。
被毛は極寒の土地でも耐えぬくことができるように厚い毛で覆われていて、ガードヘアは脂でコーティングされているので防水効果もあります。
ふさふさの毛は年齢を重ねるごとに増えていき、猫の中でも一番多い毛量だとも言われています。
ちなみに、確証はありませんがサイベリアンは猫アレルギーの原因になりにくいとも言われています。

野性味溢れる印象を受けますが、性格はおとなしくて優しい子が多いです。
頭が良くて好奇心旺盛なことから興味があると何にでも手を出したくなるようなので、
お風呂や洗濯機に水を入れたまま放置しないようにしてください。
飼い主に対して従順で犬のように慣れますし、自分から初対面の人にも挨拶にいく人懐っこさがあります。

サイベリアンのお手入れ

サイベリアンは厚い被毛で覆われているためブラッシングは欠かせません。
一日二回はブラッシングをして毛が絡まないように注意してください。
活発に運動をするため食事量も多くなりがちで、きちんと管理をしてあげないと好きなだけ食べてしまう傾向があります。
結果的に太りすぎて関節炎にかかる子もいますので、食事量を徹底することと適度な運動環境を与えるようにしてください。