ノルウェージャンフォレストキャット

トルコから北欧にやって来た説もある森の出身

古くからスカンジナビア半島の森に棲む伝統的な猫とされますが、歴史は思いのほか古いようです。
今からさかのぼること約千年、バイキング(海賊)がトルコのビザンチン帝国から交易等で北欧に持ち込んだアンゴラの血統を引く可能性があるという説があります。

その根拠とされているのは、この猫が持つ毛色のパターンが、長い冬の間、雪におおわれるノルウェーの森で生存するには適していないからです。
むしろ、欧州では珍しくトルコ系特有の毛色をしているためです。
冬のノルウェーの厳しい寒さの森の中で生き抜いてきたため、寒さに対しては強いという特色があります。
古くから地元ノルウェーでは現地の言葉で「森林の猫」と呼ばれ、慕われてきました。
そのため、世界標準語でも、「ノルウェーの森の猫」、つまり、英語で「ノルウェー・フォレスト・キャット」と名付けられました。

第二次世界大戦により、人気のあったこの猫も、食料難もあり人気が一気に下がります。
一時は、絶滅の危機さえあったのですが、愛好家達やブリーダーの努力に支えられて頭数が増え、再び世界中で人気を博すことになるのです。
メインクーンに似た外観を持っていたため未公認の間が続きますが、1990年代に認定されます。
正式名称が長く呼びにくいために、米国等の愛好家の間では「ウィージー」のニックネームが定着しています。

厳しい冬の寒さに適応した優美な長毛

ノルウェージャンフォレストキャットの外見はフワフワの毛が、まるで豪華な毛皮のコートをまとうかの様で気品を感じさせ優美です。
厳しい環境に対応して命を引き継いできたその体型は大きく、筋肉質です。
顎がとがり気味の三角形の顔、大きめの両耳の毛は特に長く、やや吊り上がり気味のアーモンド形の大きな眼と合わせ野性味を感じさせます。

野生の残る外観に反し性格は温厚

外見上は野性味が残り、荒々しい性格のように見えるのですが、実は、知的で賢く、いたって温厚でさびしがり屋です。
ただ、祖先はノルウェーの森でハンティング生活を行って過酷な環境を生き抜いてきただけに運動能力に優れた猫種です。
高い場所に登って獲物を探していた習性の名残で、部屋の中でも家具の上などに上りたがります。

上手な飼い方

屋外でのアクティブな運動が大好きです。
しかし、部屋の中であっても存分に運動できるスペースを確保したり、高低差を考えて安定したキャットタワーを設置したりしてあげれば室内飼いも問題ありません
長毛が優雅で美しいのですが、その分、毎日のブラッシングが必須となります。
また、春の終りと秋の終わりには、毛が生え替わりますので、特に入念なブラッシングが欠かせません。