ドンスコイ

優性遺伝の無毛の猫ドンスコイ

ドンスコイは1987年に、ロシアのある都市で偶然に見つけられました。
見つけた女性は、毛を持たない特異な外見に惚れ込んで本格的に繁殖を進め、数年後には、まったくの新品種として認定されるのです。
登録機関によって、登録名が「ドン・スフィンクス」または「ドンスコイ」の名称で登録されており、同じ猫種に対して2つの名称が存在している状況にあります。
「ドン・スフィンクス」の「ドン」とは最初の猫が見つけられた場所の近くの川の名前で、「スフィンクス」は同様に無毛種の猫「スフィンクス」のことで、これを合成して付けられました。
スフィンクスとドンスコイの大きな違いは、毛が無い体質の遺伝子がスフィンクスは劣性遺伝なため出現率が低いのに対して、ドンスコイの場合は優性遺伝であるため出現率が高いことです。

神秘的な無毛の猫

日本では無毛の猫は、あまりいませんので希少種です。
無毛なため、ボディラインがハッキリわかり神秘的な外見で、皮膚は弾力があり、頭頂部、耳の間に入る皺が特徴的です。
2.5~4kg程度のやや小型の体は筋肉質で、パッチリと大きくアーモンド形の眼と大きな耳も印象的です。
冬季には胸部と尻尾の先に毛が生え、暖かくなると同時に抜け落ちる変わった体質を有し、皮膚には汗腺を持ち、汗もかきます。

社交的で好奇心旺盛なドンスコイ

ドンスコイの性格は、社交的で温厚、また、飼い主に従順で知的能力も高いため、上手に躾をすれば言葉による指示に従うこともできます。
温厚で人見知りをしないため、家族や他のペットとも上手に付き合います。
活動的で好奇心が強く遊び好きな反面、さびしがりやな面もあり、一人で留守番するのが苦手です。
ですので、飼い主が常に在宅の家庭や多頭飼いに向いています。

他の猫種よりも必要なケアが多い

ドンスコイは他の猫種と異なり毛が無いため、汗と同時に分泌された脂が体の表面に付いたままです。
そのため体の表面が汚れやすいので、温かい濡れタオルを絞って体を拭いてあげることが必要です。
また、紫外線に弱いため、天候によっては外出の際にペット用の日焼け止めクリームやウェアが必須です。

無毛の体なので、紫外線の影響を大きく受けてしまいます。
特に冬季は抵抗力も落ちるため、日常の健康管理が長寿の秘訣です。
気をつけてあげなければいけないのは「皮膚病」です。
体には汚れが付き易く、日焼けもし易いです。

特に紫外線量の多い春から秋にかけては、日焼け止めクリームやウェアを有効に利用してください。
できるだけ、不用意な外出は控えるようにさせることが大切です。
冬季の寒さにも注意しなくてはいけません。
胸部と尻尾の先に被毛は少し生えてきますが、たいして体温維持の役には立ちませんので、様子を見ながら部屋の温度管理に留意が必要です。