バーミーズ

アメリカとイギリスで進化した猫

バーミーズは元々ミャンマー原産の猫ですが、アメリカとイギリスで進化を遂げた猫として知られています。
ミャンマーがビルマと呼ばれていた1930年代頃、寺院でウォンマウと呼ばれて飼育されていた猫をアメリカ人の医師が譲り受け、ウォンマウとシャムを交配させたことでバーミーズの原型を作ったと言われています。
シャムよりも淡い色で、ダイリュートという独特の色合いでした。
色がよく似ていたバーミーズ葉巻から名付けられたと言われています。

バーミーズは体が丸みを帯びているアメリカン・バーミーズと、すらりとした体が特徴のヨーロピアン・バーミーズという種類があります。
日本でよく親しまれているのはアメリカン・バーミーズで、ヨーロピアン・バーミーズはあまり見かけることはありません。

ヨーロピアン・バーミーズは19世紀にイギリスにやって来て繁殖が行われて人気が高かったのですが、シャムとよく似ていたことから交配がされて純血のバーミーズがいなくなってしまったという失敗談があります。
その後、1949年にアメリカからペアを連れて来て再度繁殖させたことでヨーロピアン・バーミーズが復活を遂げたとされています。

バーミーズの特徴と性格

アメリカン・バーミーズは全体的に丸みのある体格をしているのが特徴です。
実際に抱いてみるとわかりますが、ずっしりとして見た目よりもかなり重量感のある抱き心地です。
サテン地のように光沢と触り心地が気持ち良い被毛を持っており、キレイな毛並みをしています。

ヨーロピアン・バーミーズはアメリカンよりもスラっとした印象を受ける体格をしています。
筋肉質ですが脚の長さがスラっと見えることからスタイルが良い猫という印象を受けます。
光沢がある毛質は体にしっかりと密着するように生えています。

アメリカンとヨーロピアンの違いは被毛の色にも見られます。
アメリカンは4種類しかありませんがヨーロピアンは11種類もの色合いが認められています。
これはアメリカンにはない遺伝子をヨーロピアンが持っているからだと言われています。

性格はどちらも人になつきやすくて頭が良いと言われています。
人間と接することが大好きで、人間の子供が近寄ってきても嫌がらずに一緒に遊ぶことも多いそうです。
鳴き声も小さいので集合住宅でも周囲に迷惑をかけにくい猫です。

バーミーズのお手入れ

バーミーズはきれい好きな性格なので自分でもこまめに毛づくろいをしている様子を見ます、
抜け毛はあまりないので一週間に2~3回でもブラッシングをしてあげれば良いとされています。
できればキレイな毛並みを維持することと健康チェックを行うためにも毎日ブラッシングやマッサージでコミュニケーションを図ると良いでしょう。