ブリティッシュロングヘア

たまたま生まれたロングヘアを基礎に近年作出

ローマ時代までさかのぼる長い歴史を持つブリティッシュショートヘアも20世紀半ばの第2次世界大戦の時代には絶滅の危機を迎えます。
その後、20世紀後半になってブリティッシュショートヘアの猫種確立と個体数復活を目指して交雑による育種を進める過程で、ペルシャの血が入っていたこともあり、短毛の個体だけでなく、図らずもしばしばロングヘアが生まれます。
その理由で、ブリティッシュショートヘアの固定化には月日を要してします。

残念なことに、たまたま誕生したロングヘアは、ショートヘアの失敗猫として着目されることはほとんどありませんでした。
しかし、20世紀終盤になってやっと注目されるようになります。
1900年代初頭に人気を博したペルシャやアンゴラの風貌を彷彿とさせる容姿から、ロングヘアを独立した猫種とすることが提案されたのです。

21世紀になってようやく、キャットショーへの出場資格が与えられる猫種として認定されました。
こうして、ブリティッシュロングヘアも晴れて表舞台に登場するスタートに立てたのです。
現在、オランダやアメリカでは「ローランダー」という名称で、欧州では「ブリタニカ」という名称で呼ばれて、一定の人気を博しています。

長毛以外はブリティッシュショートヘア譲り

ブリティッシュロングヘアはブリティッシュショートヘア同様に、骨格がガッシリして、筋肉質な体躯です。
ガッチリした体形に加えて長い毛が、より体を大きく見せています。
その他、ふと短い足、ふと短い首、大きく丸い目、丸みを帯びた頬は、ショートヘアそっくりですが、長毛な分、より丸顔に見えます。
被毛のカラーは、ブラック、ホワイト、レッド、ブルー、チョコレートとバリエーションが豊富です。
外見上は長毛である点だけがショートヘアと大きく異なるのですが、長毛が与える影響は大きく、まるでぬいぐるみのような別種の猫に見えます。

飼う際に知っておきたい点

ショートヘア同様に比較的手間のかからない猫種です。
ただ、長毛種であるため、毎日の簡単なコーミングなど体毛のケアは必要です。
長毛種の中では、毛の指通りが滑らかで、毛がからみにくいという特徴があることから、1日1回の軽いくしどおしで十分です。

ブリティッシュロングヘアの性格は、温厚でのんびりとして穏やかで人懐っこい猫です。
自立心も持っており、人懐っこい割には一人にされても寂しがらず、飼い主や他の猫が不在でも一人でゴロゴロ転がったりして楽しく遊んで過ごせるので手間もかかりません。
ただ、手間がかからないからといってほったらかしにすると、ストレスを貯め込んでしまうので注意してください。