アメリカ開拓時代を人々とともに歩んできた

アメリカンショートヘア
アメリカンショートヘアは、その名の通りアメリカで大きな活躍をした猫の種類です。
その起源は今からさかのぼること400年前に及びます。
イギリスのメイフラワー号がアメリカ大陸に到達したときに、一緒にイギリスから船で渡ってきたとされています。

猫が大陸に渡ってきた理由は、穀物や食物を荒らすネズミや蛇を退治するためだったと思われます。
そのため、最初はペットというより、ネズミ退治としての役割を担っていたと言えます。
こうした歴史もあってか、アメリカンショートヘアは日本ではアメショーと短縮して言われることが多いですが、ヨーロッパなどでは、ネズミ捕りの意味を持つ「マウサー」と呼ばれることが多いようです。

アメリカにヨーロッパの人々が入り、耕作や牧畜を広めてきた歴史の中には、アメリカンショートヘアの活躍もあったのです。
そのため、アメリカンショートヘアはアメリカ開拓時代における、1つの役目を果たしたと言えるでしょう。

しっかりとした体を持つアメリカンショートヘア

捕食動物としての能力を買われ、アメリカに連れてこられたことから分かるように、アメリカンショートヘアは強い体を持ち身体能力が高いのが特徴です。
体格自体は大きいというわけではありませんが、全身が筋肉質でがっしりしています。

この恵まれた体格のおかげで、高い跳躍力を持っていて、他の猫でも難しいような高いところにも、余裕で飛び乗ることができます。
また、あごの力も強いので、小動物を捕まえるのに適していますし、鶏の骨程度のものでしたら、楽にかみ砕くことができます。

ペットとして飼いやすい猫

アメリカンショートヘアという名前からも分かるように、短い毛足を特徴としています。
そのため、頻繁にブラッシングしなくてもきれいに手入れをすることができて、飼うのが楽です。
また、抜け落ちた毛で家を汚すことも少ないので、世話をするのにも良いでしょう。

さらに、短い毛がかなり密集して生えているため、怪我に強く、寒さにも耐えられます。
丈夫な猫ですので、健康面の管理も楽というのがうれしいところです。
さらに、毛色は非常に多くのバリエーションがありますので、気に入った色を見つけやすいのもメリットでしょう。

性格は穏やかですが、陽気で元気な一面もありますので、一緒に生活して楽しい猫の種類と言えます。
知的能力も高いので、言われたことをしっかり守りますし、躾をするのも比較的楽です。
こうしたことを総合的に考えると、世話のしやすさ、躾のしやすさ、ペットとしての魅力など、家で飼うのにとても優れた猫であると言えますし、実際に世界中で大きな人気を呼んでいる猫でもあります。