古代から親しまれている猫として有名

古代エジプト時代の壁画を確認してみると猫が描かれているのをご覧になったことがある方も多いはずです。
実はこの壁画に描かれている猫がアビシニアンという説が有力視されています。
アビシニアンと思われる壁画が作られたのは今から約4000年も前のことなので、その頃から人間と一緒に暮らしていたと推測できます。

1868年のアビシニア戦争の際に現在のエジプト(当時はアビシニア)からイギリスに
持ち帰られたズーラという猫が品種改良されたものが現在のアビシニアンだと言われていますが、この話についても明確な情報とは言われていません。
一時期は絶滅しそうになったこともありましたが、現在は復活しており短毛種と交配された猫になっています。

参考:http://www.konekono-heya.com/syurui/abyssinian.html

アビシニアンの特徴と性格

アビシニアンの体つきはとても筋肉質という印象を受けます。
体型はフォーリンタイプになり、大人になった時の体重は4キロくらいになります。
頭は丸みがあってV字のような形をしていて大きな瞳とクレオパトララインが入っていることが特徴的です。
どことなく高貴な印象を受ける外見で、鳴き声は姿に合ったとても美しい声で鈴を転がしたような声だとも言われています。

アビシニアンが歩いている姿をみていると、細い脚でつま先立ちをしているように
見えるのでバレリーナが優雅に踊っているような印象も受けます。
高級な猫という雰囲気を醸し出していることから高級感のある猫として人気があります。

毛をよくみてみると、一本の毛に3~4色もの色が区切られていて光の下にいるとキレイに光って見えます。
これはティックドタビーと呼ばれるアビシニアン特有の模様になります。

性格は甘えるのが大好きで、好奇心旺盛な子が多いです。
活発に動くものの、時には神経質になる子もいます。

人間にもなつきやすく、飼い主さんとのコミュニケーションが大好きという子が多いです。
とても頭が良くて物覚えが良いことから、場合によっては芸を覚える子もいるようです。
飼い主さんから名前を呼ばれると返事をするなど、お互いに良い関係を築くことができる猫です。

アビシニアンのお手入れ

ブラッシングを一日一回行うようにして、毛並みを整えてあげるようにしてください。
あまり水を怖がらないという子も多いようですが、子猫の頃からシャワーに慣れさせるとお手入れがとても楽になります。

肥満体型になりやすいことから、適度な運動が出来る環境を整えることも必要になります。
基本的に家の中で飼育する場合にはキャットタワーがあると喜んで運動をしてくれるでしょう。

食事についてはできるだけ高タンパクでカロリーが低いものを選んであげてください。
キレイな毛並みを維持するためにも良い食事を与えることが必要になります。