カゴの中にいる子猫

どこで手に入れる?

猫を手に入れる方法は?

猫を手に入れる方法は何種類かあります。
一般的なのは、ペットショップから購入するという方法でしょうか。
その他にもいろいろとあります。

ペットショップ

純血種の子が欲しいのなら、ペットショップが一番良いかもしれません。
飼うつもりはなかったけど、ペットショップで目があったら
離れられなくなってしまい結局飼ってしまった・・・
なんて運命的な出会いをする場合も多いみたいですね。
カゴの中にいる子猫
ペットショップならフードやお手入れ用品などもそろっていますし、それらを一緒に買うこともできます。
また猫ちゃんの健康や飼い方のアドバイスをしてくれる場合もありますので、
初めて猫を飼う方には強い味方になるかもしれません。
気に入った子がいれば、予約することも出来ますよ。
ただ中には悪質なショップもあり、ただ売ればいいと不健康な子を売りつける場合もありますので、
気をつけてくださいね。

ブリーダー

飼いたい猫の種類が決まっている人は、ブリーダーさんから譲り受けると良いでしょう。
なんらかのコンテストで上位に入った猫を親にもつ子猫や、
ペットショップではあまり手に入れにくい猫種なんかも
ブリーダーを利用すると飼うことができると思います。
知り合いのブリーダーがいると一番良いのですが、
今ではインターネットなどで探すこともできるようですよ。
優良ブリーダーか悪質なブリーダーかの評判も見れるようなので、参考にしてください。

知り合いから

「近所で子猫が生まれたんだけど、いらない?」なんて話をもちかけられたことはありませんか?
知り合いから譲り受けると、その猫が生まれた環境がわかるというメリットがあります。
またタダで譲ってもらえることもあるので、経済的ですね。
子猫が生まれて困っていたというところであれば、貰ってくれて助かった!と感謝されることもあります。
ただ野良猫などの場合は、病気などに感染していることも多いので
一度獣医さんに見せた方が良いですね。

里親制度など

最近は野良猫や保健所に収容された猫を引き取って、
里親に出している動物愛護団体などがあります。
愛護団体では月に何度か譲渡会を開催したり、ホームページ上で里親を募集したりしています。
また保護した猫を集めて、里親を見つけるために猫カフェ形式をとっている団体もあります。
実際に触れ合って気に入った子がいれば、引き取ることも可能というシステムになっています。
このように保護された猫たちでも、マメにチェックをすれば気に入った子が見つかると思いますよ。
ただ捨て猫などを保護した場合もあるので、健康に問題があることも・・・。
しかし放っておけば殺処分されたり、弱って命を落としてしまうような猫たちが保護されています。
そのようなところから譲り受けるということは、一種のボランティアをしたということにもなると思います。


世の中にはたくさんの恵まれないかわいそうな動物が後を絶ちません。
そのような動物を少しでも減らしていけるように、協力をしたいですね。

子猫が良いか?成猫が良いか?

子猫と成猫どちらが良い?

現在の飼い猫は、寿命が延びていて20歳を超えることも珍しくありません。
その猫の人生の中で、子猫といわれるのは生後12ヶ月間です。
それ以降は成猫として扱われます。


では初めて猫を飼うなら、子猫と成猫どちらが良いのでしょうか。
子猫は生まれたれはまだ乳離れもできていませんので、
生後2ヶ月目以降くらいから飼うのが良いと言われています。
子猫はなつきやすく一緒に遊んでくれることもあり、飼っていて楽しいと思います。
見た目も毛がホワホワしていて、どんな猫種でもかわいいですよね。
成長過程を観察することもでき、本当の子供のようにその成長に一喜一憂できることでしょう。
しかしトイレや爪とぎなどのしつけも必要となります。
一日のほとんど家にいない家庭など猫と一緒にいる時間が少ない場合は、大変かもしれません。

子猫の姿が見えなくなった!

また子猫はとても活動的です。
好奇心も旺盛ですので、家の中の狭いところへ入り込んでしまったりすることもあります。
「猫がいなくなった!」と探し回っていたら、家具と家具のすき間から出てきたということもありえます。
自力で出てこれるところならまだ良いのですが、
とんでもないところに入り込んでしまって出て来れなくなることも。
子猫の体は小さいので、探すのも一苦労になってしまいます。
電気のコードなど危険なものをかじってしまうこともありますので、常に注意をしておく必要があります。
ケージの中で飼育するという方法もありますが、
働きたい盛りの子猫をずっとケージに閉じ込めておくのはちょっとかわいそうですね。

成猫の姿が見当たらない!

一方成猫ですが、こちらはほぼ性格が固定されています。
いままでと違う環境に慣れるまでに、少々時間がかかるかもしれません。
しかし時間はかかっても、毎日愛情を注いであげれば心を許してなついてくれることでしょう。


猫をはじめ動物はとても敏感です。
自分をお世話してくれる人、遊んでくれる人、自分にとって危険な人などはわかっているものです。
またそれまで住んでいた環境にもよりますが、
もともと飼い猫であればトイレなどのしつけがすでに済んでいる場合もあります。
それならラクですよね。


そして成猫は子猫のように、活動的ではありません。
猫は「寝子」と表記されるように寝てばかりというイメージがありますが、
年をとった猫ほど寝ている時間が多くなります。
成猫なら夜中に走り回って、飼い主さんが寝不足になるということも少ないでしょう。
そして成猫なら日中に一人でお留守番をさせても、大丈夫だと思います。
(ただし部屋に危険なものがないか注意してくださいね。)
ですから静かな環境で毎日を過ごしたい人、お互いに干渉しあわずにマイペースで過ごしたい人、
子猫と一緒に遊びまわるのが大変なお年寄りなどは、飼うなら成猫を選ぶと良いかもしれません。


このようにそれぞれの場合で、子猫が良いのか成猫が良いのかは違ってきます。
自分の家庭環境はどうなのかを考えて、猫ちゃんを選んでみてください。

毛色で見る性格

猫を飼おう

猫ってかわいいですよね。
「猫を飼おう!」と思っても、ペットショップなどでは種類もたくさんいるし、
どれもかわいくてどの子にしようか迷ってしまいます。
最近人気の猫種は「マンチカン」「スコティッシュフォールド」「アメリカンショートヘア」
などなのだそうですよ。
人気の猫種で選ぶのもいいですが、自分に合う性格の猫ちゃんを飼いたいと思いませんか?

実は猫も人間と同じで、性格もそれぞれ違うんです。
でも飼うときに性格を見分けるなんて、ムリムリ。
飼ってみないとわかるわけない。と思う人も多いかもしれませんね。
しかし猫の性格を大まかに見分ける方法があるのです。
それは毛色を見ればわかるというものです。
最近では猫の雑誌を発行している企業が、
猫1000匹で猫の毛色による性格の違いを掲載して話題になりました。
猫好きの読者の間でも、「ウチの猫もそう!当たってる!」などの声が多かったので、
ある程度の信用度はあるのではないかと思います。
ではどのように分けられいるのか、いくつか紹介してみましょう。

白猫

基本神経質でクールな子が多い。
頭は良いけど、気が強い。
甘えん坊な性格の猫ちゃんは、飼い主さんへの独占欲が強くなることもあります。

黒猫

甘えん坊で友好的な子が多い。
頭がいいので、協調性もある。
でも茶トラの血が混じっている場合は、暴れん坊になる猫ちゃんもいるようです。

キジトラ猫

一度信用すると、人間とも仲良くなれる。
でも警戒心が強いので、一度危険と感じてしまったものには心を開かせることは難しいかも。

茶トラ

基本的に甘えん坊さんが多い。
本当は怖いのに強気に出てみたり、友好的にしてみたりと本心を隠したがる傾向があるようです。
不器用なところがチャーミングに見える猫ちゃんです。

サバトラ猫

気が強い猫ちゃんが多いようです。
両極端な性格になる傾向があり、とっても気が良くてフレンドリーな子、
警戒心が強くて自分一人になりたがるような子と分かれることが多い傾向があります。

三毛猫

プライドの高い高貴な猫ちゃんが多いようです。
甘えてたと思ったら、急につれなくなるような気分やさんでツンデレなところがあります。

さすがほとんどがメスなだけあって、お姫様みたいなイメージですね。
白黒とかキジ白とか毛色が混じった猫もたくさんいますが、
この場合は両方の毛色の性格を持ち合わせているそうです。
多くある毛色の方の性格が、色濃く出るのだとか。
白黒の猫でも白い毛が多の猫でも、性格に違いが出るということになりますね。

今まで私も猫を何匹か飼ってきましたが、そういえば当たってる!!と思ってしまうことが多いです。。
キジトラは飼い主にしか心を許さない感じでしたし、黒猫は飼い主以外にも友好的で、
来客があっても案外気にしていない感じだったなぁと思いました。
来客の多い家庭なら、毛色が黒の猫を選ぶと良いかもしれません。
このようなデータを参考にすれば、きっと気の合う猫ちゃんとめぐり合えると思いますよ。