ペットフード

どんなフードがあるの?

元々肉食の動物

昔の猫はご飯に味噌汁をかけただけのいわゆる「ねこまんま」を与えられていたといいます。
猫は元々肉食の動物です。
これでは栄養が足りなくて、健康を害してしまう猫ちゃんも多かったことでしょう。
しかし昔の猫はネズミなどを捕獲していたので、
そこで動物性たんぱく質を補っていたとも考えられています。
昔の猫ちゃんってワイルドだったんですね。

キャットフード

ペットフード
近年は猫には市販のキャットフードを与えている家庭が多いのではないかと思います。
キャットフードは総合栄養食といわれ、あとは新鮮な水を用意してあげれば良いというものです。
キャットフードを与えておけば栄養面での心配はありませんし、
飼い主さんも買ってきたのをあげれば良いのでラクですよね。

キャットフードの種類

キャットフードはドライ・ソフトドライ・セミモイスト・ウェット缶詰・ウェットその他に分けられます。
ドライといわれるものは製品の水分が10%以下のフードです。
水分含有量が13%以上だとカビがが生える可能性があるため、12%以下にしなければなりません。
ほとんどのドライフードが水分含有量10%以下なのは、安全性に配慮しているからだそうです。
カリカリと呼ばれるドライフードは栄養のバランスが一番取れているといわれています。
水分が少ないので、常温保存ができるのもメリットです。
堅さがあるので、猫が噛むことで歯石予防にもなるといわれています。

ドライフード

ただドライフードを与えるときは、たっぷりな水を用意してあげる必要があります。
これはドライフードだけでは、尿路結石になりやすいためです。
ソフトドライとセミモイストフードは、水分が25%から35%となっています。
触るとしっとりした感じがあると思います。
このしっとりさを保つために、湿潤調整剤というものを使用しているそうです。
ドライフードを乾燥させていないものといえばわかりやすいかもしれません。
フードというより、おやつといわれるものに多いようです。

ウェット缶詰

ウェット缶詰は、水分が75%程度です。
品質保持のために殺菌工程を経て、缶詰にされます。
その他ウエットはほぼ同じ工程で、缶詰ではなくアルミトレーやパウチにされているものです。
ウェット製品はたんぱく質、脂肪、水分などが多く含まれています。
ビーフ味やまぐろ味など、味のバリエーションも多くて人間でも美味しそうと思うような
高級感がありますよね。
ウェット製品はやわらかいものが多いですから、
これだけでは猫のあごが弱ってしまうということもあるようです。
以上を踏まえると、カリカリとウェットを併用して与えると良いかもしれませんね。

まとめ

猫はとてもグルメで飽きっぽい動物です。
いつも同じものを与えてると、急に食べなくなることがあります。
具合が悪いのかな?と心配してしまいますが、飽きてしまい食べないのかもしれません。
その場合は違う味のフードを与えてみてください。
与える適正量はフードのラベルにだいたい表示されていますので、確認してあげてくださいね。

おもちゃで遊ぶ猫

あったら便利なもの

猫ちゃんに必要な用品

「どうしてもなくてはいけない」というものではありませんが、
「あったら便利」というものもあります。
猫ちゃんに必要な用品を用意するのは、費用も結構かかってしまいます。
ですから一度に用意するのではなく、必要に応じて徐々に揃えて行くと良いのではないでしょうか。

ブラシ

猫は毛が抜けます。
抜け毛を防ぐにはブラッシングをして、無駄な毛をあらかじめ取ってあげましょう。
またホコリなどが付いてしまったときも、ブラッシングをすれば取り除くことができます。
毛が長い種類の猫ちゃんは、放っておくと毛がからまってしまうこともあります。
ブラッシングをしてきれいな状態を保ってあげたいですね。

シャンプー

シャンプーは飼い主さんによってする人としない人がいます。
完全室内飼いにしていれば、そんなに体が汚れることはありません。
猫の唾液は洗浄作用があますから、猫が体を自分でなめてグルーミングすることで、
ある程度の汚れは取れているのです。
また猫は水が苦手ですので、お風呂やシャワーを嫌がる子も多くいます。
嫌がる猫ちゃんを無理やりシャンプーする必要はありません。
シャンプーは用途に応じて用意してください。

おもちゃ

猫はあそぶのが大好きです。
代表的なものは、猫じゃらしですね。
「ねこじゃらし産業」の猫じゃらしは猫が口に入れても体に影響がない素材を使用していますので、
安心して使えます。
おもちゃで遊ぶ猫
動くものを見ると猫の狩猟本能が出てしまい、反応してしまうのです。
特に子猫はあそびたがる傾向があります。
ペットショップやホームセンターに行くと猫じゃらしをはじめ、
様々なおもちゃが売っているので何個かは買ってあげると良いでしょう。
一緒に遊べば猫とのスキンシップもできますし、仲良しになれると思いますよ。
また猫が上り下りできる猫タワーなどもありますので、
費用とおき場所があれば用意してあげるのも良いでしょう。

キャリーバック

猫と一緒にお出かけしない人は必要ないと思うかもしれませんが、
動物病院などへつれて行くときに必要になります。
抱っこしたまま外に出るなどは、急に猫が逃げ出す可能性もあるので危険なのでやめましょう。
もしものときのために、キャリーバックの中にペットシーツを引いておくと良いですよ。

首輪

鈴の付いた首輪をつけていると、鈴の音色で猫がどこにいるのかすぐにわかるというメリットがあります。
またカワイイものをつけてあげると、飼い主さんも楽しいですよね。
今はオシャレなものがたくさん売っているので、猫ちゃんに似合うものを選んであげてください。
しかし首輪をいやがる猫ちゃんもいますので、その場合は無理につけない方が良いと思います。

コロコロ(粘着ローラー)

これは飼い主さん用に用意しておくと良いでしょう。
猫はたくさん毛が抜けます。
部屋のじゅうたんや飼い主さんの洋服に、猫の毛が付いてしまうのは避けられません。
毛が付いたままでは、外出できませんよね。
そのような抜け毛を取り除くのに、コロコロは重宝するのです。

用意しておきたいもの

猫がやってくる日までに揃えておくもの

猫を飼う上で、必ずなくてはならないものがあります。
猫ちゃんがやってくる当日までには、揃えておくべきでしょう。
猫を拾ってきたときなど急な場合でも、その日のうちには揃えておきたいですね。

トイレ・猫砂

猫は一度そこでおしっこをしてしまうと、次もそこでしようとする傾向があります。
そこに自分のにおいがついてしまうからです。
ですからトイレと猫砂は必ずあらかじめ用意しておいた方が良いでしょう。
トイレにはフードなしのもの、フードつきのものなどがあります。
フードがついていると、猫砂が周囲に飛び散らなく汚れないという利点があります。
猫砂には鉱物や木、紙などの素材のものがあります。
臭わないタイプや、燃えるごみに出せるタイプ、
トイレに流せるタイプなどさまざまな種類がありますので、
飼い主さんの好みで選んでみてください。
何種類か使ってみて、一番都合の良いものを決めるのも良いかもしれません。
ちなみにホームセンターなどでよくセールをしているのは、鉱物でできたタイプが多いです。
トイレを掃除するときは、メッシュになったスコップを使用してくださいね。
これはトイレに付属している場合もありますし、なければ100円ショップなどでも売っています。

フードとフードボウル

フードは子猫なら子猫用、生後一年以上の成猫なら成猫用を与えてあげましょう。
もし7歳以上であれば、シニア用のフードもあります。
離乳期頃の猫であれば、子猫用のドライフードを猫用ミルクや水で
やわらかくして与えるという方法もあります。
しかし今は便利な時代で、猫用の離乳食やミルクなども市販されています。
それを利用するのが一番良いと思います。
フードボウルは猫の顔が入るくらいのものが良いですね。
プラスチック製や陶器製などいろいろありますが、
陶器の方が重量があるので猫がひっくり返しにくいかもしれません。
フードと水用の二つを用意する必要があります。
飲み水は大切ですので、いつでも新鮮な水を必ず用意してあげてください。
子猫が成長してきたら、フードボウルも大きくしてあげた方が良いでしょう。

爪とぎ

猫は爪をとぐという習性があります。
放っておくと、家中の家具や柱、窓枠、ソファなどいたるところで爪をといでしまいます。
気がつくと家の中が傷だらけになってしまった・・・なんてこともありえるのです。
爪とぎを用意しておけば、そこで爪をとぐものなのだと猫は学習します。
爪とぎで爪をとぐという習慣がつけば、家具などへの被害は少なくなるといえるでしょう。
また爪とぎが出来ない環境は、猫にストレスがたまってしまいます。
ストレスは猫の健康にも悪いですし、人間をかじったり、
粗相をしたりという問題行動の原因ともなります。
爪とぎって猫にとっては、重要なものなのです。
爪とぎはダンボール製などのものがあり、
ペットショップのほかホームセンターなどでも買うことができます。
使い続けるとボロボロになってしまうので、いつでもキレイなものを用意してあげてくださいね。

カゴの中にいる子猫

どこで手に入れる?

猫を手に入れる方法は?

猫を手に入れる方法は何種類かあります。
一般的なのは、ペットショップから購入するという方法でしょうか。
その他にもいろいろとあります。

ペットショップ

純血種の子が欲しいのなら、ペットショップが一番良いかもしれません。
飼うつもりはなかったけど、ペットショップで目があったら
離れられなくなってしまい結局飼ってしまった・・・
なんて運命的な出会いをする場合も多いみたいですね。
カゴの中にいる子猫
ペットショップならフードやお手入れ用品などもそろっていますし、それらを一緒に買うこともできます。
また猫ちゃんの健康や飼い方のアドバイスをしてくれる場合もありますので、
初めて猫を飼う方には強い味方になるかもしれません。
気に入った子がいれば、予約することも出来ますよ。
ただ中には悪質なショップもあり、ただ売ればいいと不健康な子を売りつける場合もありますので、
気をつけてくださいね。

ブリーダー

飼いたい猫の種類が決まっている人は、ブリーダーさんから譲り受けると良いでしょう。
なんらかのコンテストで上位に入った猫を親にもつ子猫や、
ペットショップではあまり手に入れにくい猫種なんかも
ブリーダーを利用すると飼うことができると思います。
知り合いのブリーダーがいると一番良いのですが、
今ではインターネットなどで探すこともできるようですよ。
優良ブリーダーか悪質なブリーダーかの評判も見れるようなので、参考にしてください。

知り合いから

「近所で子猫が生まれたんだけど、いらない?」なんて話をもちかけられたことはありませんか?
知り合いから譲り受けると、その猫が生まれた環境がわかるというメリットがあります。
またタダで譲ってもらえることもあるので、経済的ですね。
子猫が生まれて困っていたというところであれば、貰ってくれて助かった!と感謝されることもあります。
ただ野良猫などの場合は、病気などに感染していることも多いので
一度獣医さんに見せた方が良いですね。

里親制度など

最近は野良猫や保健所に収容された猫を引き取って、
里親に出している動物愛護団体などがあります。
愛護団体では月に何度か譲渡会を開催したり、ホームページ上で里親を募集したりしています。
また保護した猫を集めて、里親を見つけるために猫カフェ形式をとっている団体もあります。
実際に触れ合って気に入った子がいれば、引き取ることも可能というシステムになっています。
このように保護された猫たちでも、マメにチェックをすれば気に入った子が見つかると思いますよ。
ただ捨て猫などを保護した場合もあるので、健康に問題があることも・・・。
しかし放っておけば殺処分されたり、弱って命を落としてしまうような猫たちが保護されています。
そのようなところから譲り受けるということは、一種のボランティアをしたということにもなると思います。


世の中にはたくさんの恵まれないかわいそうな動物が後を絶ちません。
そのような動物を少しでも減らしていけるように、協力をしたいですね。

子猫が良いか?成猫が良いか?

子猫と成猫どちらが良い?

現在の飼い猫は、寿命が延びていて20歳を超えることも珍しくありません。
その猫の人生の中で、子猫といわれるのは生後12ヶ月間です。
それ以降は成猫として扱われます。


では初めて猫を飼うなら、子猫と成猫どちらが良いのでしょうか。
子猫は生まれたれはまだ乳離れもできていませんので、
生後2ヶ月目以降くらいから飼うのが良いと言われています。
子猫はなつきやすく一緒に遊んでくれることもあり、飼っていて楽しいと思います。
見た目も毛がホワホワしていて、どんな猫種でもかわいいですよね。
成長過程を観察することもでき、本当の子供のようにその成長に一喜一憂できることでしょう。
しかしトイレや爪とぎなどのしつけも必要となります。
一日のほとんど家にいない家庭など猫と一緒にいる時間が少ない場合は、大変かもしれません。

子猫の姿が見えなくなった!

また子猫はとても活動的です。
好奇心も旺盛ですので、家の中の狭いところへ入り込んでしまったりすることもあります。
「猫がいなくなった!」と探し回っていたら、家具と家具のすき間から出てきたということもありえます。
自力で出てこれるところならまだ良いのですが、
とんでもないところに入り込んでしまって出て来れなくなることも。
子猫の体は小さいので、探すのも一苦労になってしまいます。
電気のコードなど危険なものをかじってしまうこともありますので、常に注意をしておく必要があります。
ケージの中で飼育するという方法もありますが、
働きたい盛りの子猫をずっとケージに閉じ込めておくのはちょっとかわいそうですね。

成猫の姿が見当たらない!

一方成猫ですが、こちらはほぼ性格が固定されています。
いままでと違う環境に慣れるまでに、少々時間がかかるかもしれません。
しかし時間はかかっても、毎日愛情を注いであげれば心を許してなついてくれることでしょう。


猫をはじめ動物はとても敏感です。
自分をお世話してくれる人、遊んでくれる人、自分にとって危険な人などはわかっているものです。
またそれまで住んでいた環境にもよりますが、
もともと飼い猫であればトイレなどのしつけがすでに済んでいる場合もあります。
それならラクですよね。


そして成猫は子猫のように、活動的ではありません。
猫は「寝子」と表記されるように寝てばかりというイメージがありますが、
年をとった猫ほど寝ている時間が多くなります。
成猫なら夜中に走り回って、飼い主さんが寝不足になるということも少ないでしょう。
そして成猫なら日中に一人でお留守番をさせても、大丈夫だと思います。
(ただし部屋に危険なものがないか注意してくださいね。)
ですから静かな環境で毎日を過ごしたい人、お互いに干渉しあわずにマイペースで過ごしたい人、
子猫と一緒に遊びまわるのが大変なお年寄りなどは、飼うなら成猫を選ぶと良いかもしれません。


このようにそれぞれの場合で、子猫が良いのか成猫が良いのかは違ってきます。
自分の家庭環境はどうなのかを考えて、猫ちゃんを選んでみてください。