猫の平均寿命

猫の寿命ですが、昔は10年も生きれば長生きといわれるくらいでした。
その平均寿命は5年〜8年ほどだったといいます。
しかし近年では、20年以上生きる猫も増えてきました。
それはキャットフードが普及して栄養がよくなったことと、
完全室内飼いが増えた飼育環境の変化に要因があるといいます。

猫にとって屋外は危険がたくさん

屋外には、猫にとっての危険がたくさん潜んでいます。
アメリカではケガや病気で動物病院にかかった猫の、
70%が室内飼いにしていれば防ぐことができたとわれているくらいなのです。
ですから猫を飼うのであれば、完全室内飼いをオススメします。
屋外での危険は、まずは現代の車社会があげられます。
外へ出ると、車がたくさん走っていますね。
猫は恐怖を感じると、体が動かなくなって逃げられなくなるという習性があります。
ですから車と出くわしてしまっても、その場からすばやく逃げることができないのです。
その結果事故にあってしまい大怪我をしたり、
悲しいことに命を落としてしまう確率が増えてしまうのです。

猫エイズ

屋外には野良猫がいる可能性があります。
自分のテリトリーに知らない猫が入ってきた場合、けんかになってしまいます。
特にオスですと、傷ができるくらいにやり合ってしまうことが多くなります。
ケガをするのももちろん怖いですが、病気に感染している野良猫に傷をつけられると、
その病気が感染してしまうという恐ろしさも持っています。
特に有名なものは猫免疫不全ウィルス感染症、いわゆる猫エイズと呼ばれているものですね。
この病気は流血をするようなけんかをしたり、交尾をしたりすると感染するといわれています。

ご近所トラブル

近所の人たちが、全て猫好きとは限りません。
残念ながら猫の虐待などの話題はよく耳にしますよね。
もしかしたら自分の家の猫が、このような被害にあってしまうかもしれないのです。
他人の家の庭でおしっこやうんちをしてしまえば、近所の人とトラブルになってしまうこともあるでしょう。

そう考えると、完全室内飼いにするメリットは大きいと思います。
「ウチの猫は元野良猫で、自由に外に出入りしていたから今から完全室内飼いなんて無理」
という猫ちゃんも中にはいるかもしれませんね。
しかしどんなに外へ出たがる猫でも、完全室内飼いにすることは可能です。
最初は外へ出たいとすきあらば逃げ出そうとすると思います。
そのようなときは窓を開けてあげたり(網戸などをして出られないようにしてくださいね)、
遊んであげるなど気をそらしてあげてみてください。
少しは猫ちゃんの気がまぎれると思います。
根気よく続けていれば、「もう外へは出られないのだ」と理解して、
家の中で過ごすようになることでしょう。

リードをつけて散歩

また犬のように、リードをつけて散歩をするという方法もあります。
これなら外出しても飼い主さんが一緒なので、
事故にあったりけんかをするという可能性は少なくなります。
完全室内飼いにすれば、外へ出たまま帰ってこない!と心配することもなくなりますよ。