室内で飼っている猫がずっと飼い主や家族の後を付いてくる場合

室内で飼っている猫は飼い主や家族が立ち上がってどこかに行こうとすると、その後についていくことがあります。
これにはいくつかの理由が考えられます。

まず、やはり誰かがいないとさみしいという思いから、くっついて回って一緒にいたいと思っているケースです。
猫種にもよりますが、誰かと一緒にいないとすぐにさみしく思う猫も多いので、飼い主がいなくなることが嫌だという思いが働いてどこにでもついていきたくなるのです。

また、生まれついての習性でそうする猫もいます。
これは猫種によるというよりは、育てられ方に大きく影響することが多いようです。
子ねこはいつでも母猫のそばにいたがる傾向がありますが、生まれてすぐの時に母猫から離れて飼い主の下にいるようになると、子猫の気分で飼い主について回ることが多くなるのです。

もう一つは単純にお腹が空いていたり、遊んでほしいという時に飼い主に付いていくことがあります。
いつもと違った行動を取る時には猫が何かを訴えていることもありますので、そのサインに気づいてあげるようにしましょう。

野良猫が急にくっついてきた時は?

室内で飼っている猫とは違い、野良猫が人にくっついてくる時には若干理由が異なります。
もちろん、外にいる猫でも、いろいろな人に大事にされて人慣れしているものもいますので、人に甘えてくることもありますが、全体的には少ないと言えるでしょう。

野良猫が誰かにくっついて来る場合は、だいたいお腹が空いていて餌をくれないかと思っている時です。
野良猫は自分でも餌を取りますが、人間から餌がもらえるということを知っているものですので、人にくっついていけば何かしらご飯をゲットできると考えての行動です。
飼われている猫が外にいることもありますので、できるだけ大事にしてあげるようにして、外にいる猫も元気に過ごせるようにしてあげましょう。

気まぐれな面も見せることがある猫の複雑さ

家で飼われている猫が人にくっついて行く時は、たいていの場合飼い主がいなくなるとさみしいのでくっついていたいという甘えの気持ちからです。
しかし、それを見て飼い主が猫を抱っこしようとすると、プイと逃げてしまったり手ではたかれてしまったりすることがあります。
これが猫の感情の複雑なところで、気まぐれさが出ていると言えるでしょう。

もしこうしたことが多いのであれば、単に飼い主のそばにいつもいたいという気持ちの表れですので、愛猫のしたいようにしてあげるのがベストです。
特に抱っこしてあげるなどのアクションを取らなくても、一緒にいられればいいと思っていますので、猫のさみしい気持ちを紛らわすことができます。