時期によって夜泣きをすることもある

愛猫が夜泣きをすると、飼い主や家族にとっては心配になってしまいますし、近所に迷惑がかからないかと思ってしまうこともあります。
猫が夜泣きをすることにはいくつかの理由が考えられますので、それを見極めてあげて適切な処置を取れるようにしましょう。

まず猫はその時期によって夜泣きをすることがあります。
子ねこの場合はミルクが欲しかったりさみしかったりして、誰かにケアしてほしいということで、泣くことによって自分の思いを訴えているのです。
そのような時には、すぐにミルクを作ってあげるなどして必要なケアをしてあげるようにしましょう。

もう一つは発情期にある場合です。
相手を求めて発情期にある猫は独特の鳴き声をあげますので、その鳴き声の様子からすぐに分かるでしょう。
しかも、猫は夜行性の習性を持っていた歴史がありますので、夜に相手を探したり自分の存在をアピールするために鳴くことが多くなります。

何かが足りないことを訴えているケースも

こうした時期的なものとは別に愛猫が夜泣きをしているのであれば、もしかすると何かが足りないということを鳴くことによってアピールしているのかもしれません。
たとえば、飼い主とのスキンシップが足りないということで、一緒にいたがったり遊んでほしかったりすることを表すために鳴くことがあります。
飼い主が行くとすぐに泣きやむ場合はこの原因が大であると考えられるでしょう。

また、トイレが汚かったり居心地が悪かったりする時も鳴くことがあります。
他に原因が考えられない時は、トイレをチェックしてみてください。

さらに、エサが足りない時や体調不良の時も夜泣きをすることがあります。
いつものようにエサをあげているのであれば問題ありませんが、エサをあげ忘れていないかどうか思い出してみましょう。
いろいろなことをしてもまったく泣き止まずに、普通の鳴き声とは違う感じであれば、何か体調が悪い可能性もありますので、しっかりと全身をチェックしてあげることが大事です。

昼間しっかりとケアをしてあげることが大事

夜泣きにはこうした原因と対策法がありますが、基本的には昼の時間にしっかりとケアをしてあげることがポイントとなります。
エサをしっかりとあげて、運動を伴う遊びをきちんと一緒にすることによって、かなり猫のストレスも軽減されますので、夜泣きが減ることになります。
また、室内にキャットタワーを作るなど、自分でも遊べる環境を与えると夜泣きが減るケースもありますので、検討してみると良いでしょう。

さらに、さみしさを紛らわすために、飼い主の臭いがついたものを愛猫が寝るところに置いてあげるのも良いですね。
子猫の時期はこうしたケアをしてあげることで、静かになるケースが多いので試してみることをおすすめします。