猫のハンティングスタイルによる本能的な好み

猫のかわいい様子を収めた動画はたくさんありますが、その中でも多く見かけられるのが、猫がティッシュボックスなどの小さな箱の中に入ってすっぽりと収まっている様子です。
こうした動画は珍しいものではなくかなりたくさん出ていますし、飼い主の中にも「ウチの猫も同じようなことをする」と思っている人も多いことでしょう。
つまり、猫全体に見られる行動で、猫の習性だと言えるものなのです。

これは猫のハンティングスタイルに関係すると思われています。
猫はもともと茂みや木の上などに隠れて、待ち伏せするタイプの狩りをしていました。
そのため、どこかに入り込んで隠れるというのが、本能的に刷り込まれた行動となっているのです。

今ではそのような狩りをすることはないにしても、やはりどこかに入り込むという習性は抜けきらないと見えて、それが箱の中に入ってしまうという行動に見られます。
本能的な行動ですので、それだけ猫が無意識に行って楽しいと思えることになり、猫自身が落ち着く状況と言えるでしょう。

一人になりたい時にすることもある

こうした猫自身のハンティングスタイルに関係している行動と言えるのが、箱に入るということですが、実はそれだけが原因でないこともあります。
特に、箱に入っている猫に触ろうとすると怒ったり、誰も見ていないところで箱に入っている場合です。
そのような時は猫が一人になりたい、静かになりたいと思っているのです。

猫は本能的に狭いところにいると落ち着く傾向がありますので、誰にも構われずに放っておいてほしい時は箱の中に隠れます。
こんな姿を見かけたら、かわいいのでちょっかいを出したくなる気持ちもありますが、そこはぐっと抑えて猫一人にしてあげるようにしましょう。

猫が気に入る箱や袋とはどんなもの?

猫は箱に入るのが好きなのですが、体全部を入れなくても満足できるようです。
そのため、スリッパのような頭だけ突っ込めるものや、ティッシュボックス程度の大きさの箱でも楽しんでいます。

それでもやはり、体全部が入れるようなものがあるとその落ち着きも増すようです。
ショッピングなどに使うようなボストンバッグなどに入って隠れている猫もいますし、大きめのタンスの引き出しや食器戸棚に入るのも好きな猫もいます。
どちらかというとガラス張りの内部が見えるものではなく、完全に姿を隠せて中身が見えないものの方が好きな傾向です。

それぞれの個体によって好みがあるようですので、愛猫がどんな箱が好きか見るためにも、いろいろな箱や袋を用意して置いてみると良いでしょう。
愛猫の普段とは違う、思わぬかわいい姿が見られるかもしれません。