猫を手に入れる方法は?

猫を手に入れる方法は何種類かあります。
一般的なのは、ペットショップから購入するという方法でしょうか。
その他にもいろいろとあります。

ペットショップ

純血種の子が欲しいのなら、ペットショップが一番良いかもしれません。
飼うつもりはなかったけど、ペットショップで目があったら
離れられなくなってしまい結局飼ってしまった・・・
なんて運命的な出会いをする場合も多いみたいですね。
カゴの中にいる子猫
ペットショップならフードやお手入れ用品などもそろっていますし、それらを一緒に買うこともできます。
また猫ちゃんの健康や飼い方のアドバイスをしてくれる場合もありますので、
初めて猫を飼う方には強い味方になるかもしれません。
気に入った子がいれば、予約することも出来ますよ。
ただ中には悪質なショップもあり、ただ売ればいいと不健康な子を売りつける場合もありますので、
気をつけてくださいね。

ブリーダー

飼いたい猫の種類が決まっている人は、ブリーダーさんから譲り受けると良いでしょう。
なんらかのコンテストで上位に入った猫を親にもつ子猫や、
ペットショップではあまり手に入れにくい猫種なんかも
ブリーダーを利用すると飼うことができると思います。
知り合いのブリーダーがいると一番良いのですが、
今ではインターネットなどで探すこともできるようですよ。
優良ブリーダーか悪質なブリーダーかの評判も見れるようなので、参考にしてください。

知り合いから

「近所で子猫が生まれたんだけど、いらない?」なんて話をもちかけられたことはありませんか?
知り合いから譲り受けると、その猫が生まれた環境がわかるというメリットがあります。
またタダで譲ってもらえることもあるので、経済的ですね。
子猫が生まれて困っていたというところであれば、貰ってくれて助かった!と感謝されることもあります。
ただ野良猫などの場合は、病気などに感染していることも多いので
一度獣医さんに見せた方が良いですね。

里親制度など

最近は野良猫や保健所に収容された猫を引き取って、
里親に出している動物愛護団体などがあります。
愛護団体では月に何度か譲渡会を開催したり、ホームページ上で里親を募集したりしています。
また保護した猫を集めて、里親を見つけるために猫カフェ形式をとっている団体もあります。
実際に触れ合って気に入った子がいれば、引き取ることも可能というシステムになっています。
このように保護された猫たちでも、マメにチェックをすれば気に入った子が見つかると思いますよ。
ただ捨て猫などを保護した場合もあるので、健康に問題があることも・・・。
しかし放っておけば殺処分されたり、弱って命を落としてしまうような猫たちが保護されています。
そのようなところから譲り受けるということは、一種のボランティアをしたということにもなると思います。


世の中にはたくさんの恵まれないかわいそうな動物が後を絶ちません。
そのような動物を少しでも減らしていけるように、協力をしたいですね。