心構え

家猫は10年以上生きます

野良猫の場合、生きたとしても大体5年が限界と言われています。
これは暑さや寒さで弱ったり、食べるものがなくて飢えたり、かなり苛酷な環境で生活をしているため。
そのため、どうしても早くに命を落としてしまうことが多いのです。

また、子猫が生まれたとしてもカラスなどの外敵に狙われることもありますし、母猫が育児放棄をしてどこかに行ってしまうこともあったり、野良猫を取り囲む環境というのは決して楽なものではありません。

しかし、家猫の場合はまた別。
家猫だと少なくとも家でご飯をもらえますし、環境もいいので長生きをさせることも可能に。
10年以上生きる猫も珍しくありませんので、まずはそのことを考えなくてはなりません。
というのも、いざ「飼う」ということになれば、猫の世話は10年以上することになるからです。その間、責任をもって猫を育てることができるかどうかが重要になってきます。

というのも、ペットを飼ったにもかかわらず無責任に遺棄をしてしまう飼い主がふえているから。
家族に子供が生まれたとか、そういう理由で捨てたり、保健所に連れて行ったりという人間は少なくありません。飼い猫だったのに、人間に捨てられて野良猫になってしまった例というのはとても多いのです。

人のもとで、エサをもらって生きてきた猫が野生で生活できるでしょうか。ノラ猫には縄張りがありますので、そこに簡単に入れてもらうことができるわけではありません。そのことを思えば、そうやって手綱を外すというのは「猫に死ねと言っているのと同じである」ということを考えなくてはなりません。
そういうことをしないという覚悟が必要なのです。

不幸な猫を増やさないこと

猫を飼うのであれば、まず避妊や去勢手術をされることをお勧めします。
猫というのは繁殖力が非常に高い生き物ですから、1歳になれば妊娠して子供を産めます。そうやってどんどん子猫が増えていき、多頭崩壊になってしまうというケースも確認されています。それがどういった結末を産むのかというと、エサがたりない・不衛生などの理由から、猫が環境が悪いところで生活をすることになってしまいます。その中で、餓死したり攻撃をしあったりということも生まれます。

このため、最近は「猫を飼ったらまずは避妊手術をする」ということが常識になっています。避妊手術をすることで、少なくとも不幸な子猫を減らすことはできるでしょう。避妊や去勢にかかる料金は決して安くはありませんが、それでもその後のことを考えればやっておくべきです。

人に迷惑をかけない

今は「猫を家で飼う、外には出さない」ということが推奨されています。
なぜなら、外に出すと病気をもらってきたり車にひかれたりするため。これはルールと言われていますので、きちんと守る様にしてください。

猫を飼うに当たって必要なお世話

猫の世話は楽じゃなかった

現在、私は2匹の猫と一緒に暮らしています。

今まで私はペットを飼ったことがなかったので、猫は犬と違って散歩に連れて行かなくても良いですし、もっと楽に簡単に飼うことができるものだと思っていました。
しかし、犬とは違う意味でお世話が必要だと、飼い始めて初めて気付きました。

一番のお世話がトイレの始末とご飯の用意です。
我が家では、猫のトイレはシステムトイレを使っているので、シートの取り替えや消臭サンドの交換など定期的に行います。
トイレが臭う時は、専用の消臭剤をかけておきます。

ご飯は、プレミアムフードと呼ばれているキャットフードを与えています。
朝と夜の2回、一応は決められた分量のご飯を用意して、お皿に入れて猫たちの待っているところに持って行きます。

うちの猫たちは家猫なので、ストレス解消のために専用のおもちゃを使って遊んであげることも必要です。
ねこじゃらしやヒモを使って、定期的に運動してもらっています。
爪とぎもストレス解消と爪の手入れに必要なので、専用のグッズを買って部屋のあちらこちらに設置しておきます。

専用の爪とぎがないと、壁で爪をとがれてしまうので、壁がボロボロになってしまうのです。
定期的に爪切りもしています。
猫は爪切りが苦手なので、何とか逃れようと暴れてくれるので、一日数本の爪を切るのが精一杯ですが、何とか全部終わると安心します。

専用コームで、毛繕いもしているのです。
猫は自分で身体の毛を舐めて毛繕いをしますが、あまり毛繕いばかりしていると、お腹に毛玉が溜まってしまうので、毛並みを整えることも手伝っています。

少しでも様子がおかしいと思ったら病院へ

猫は体調が悪くなると、ご飯を食べなくなったり、押入れなどに入り込んで出て来なくなるので、様子がおかしいと思ったら、捕まえて病院へ連れて行っています。

予防接種を受けることは、色んな病気を防ぐことが出来るので大切なことでしょう。
免疫が下がると、体調が悪くなるので、免疫を上げるサプリメントのような水を飲み水やご飯に入れて与えています。

獣医さんから、免疫を上げることが大切だとよく言われていたので、良さそうなものをネットで見つけました。
おかげさまで、定期的に具合が悪くなって病院のお世話になっていた猫たちも、ここのところ元気でいてくれています。

正直、猫たちは保険に入っていないので、病院代が嵩むと大変なので、元気でいてくれることが一番だと思っています。
猫がいてくれると生活にハリが出ますし、毎日が楽しいですが、癒しをもらっている分、お世話もしっかりしないといけないでしょう

猫を飼い始める前に知っておきたいこと

愛くるしい振る舞い

猫のいるご家庭にお邪魔すると、そこで繰り広げられる猫ちゃんたちの
愛くるしい立ち居振る舞いに、思わず見とれてしまうものです。

オモチャの木によじ登ったり、目を細めてキャットフードにパク付いていたりと、
その行動には大変興味深いものがあります。

気持ち良さそうに居眠りしている姿を見ていると、こちらもかなり癒されそうです。
そして「家でも猫を飼ってみたい」ということは、
猫好きな方なら誰でも一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

しかしながら、猫を飼うならぜひ知っておいてほしいことがいくつかあります。
まず最初にお伝えしたいのは「猫を飼う環境下にありますか」ということです。

猫を飼う環境になっていますか?

家族と同居しているのなら、全員が「猫好き」もしくは
「猫と普通に接することができる」人たちでなければいけません。
もし家族の中に「猫嫌い」や「猫アレルギー」の方がいたら、
それは「飼育する環境が整っていない」ということになります。

これは猫にとっても家族にとっても大変に不幸なことです。
飼ってから「やっぱり飼えない」という事態に陥らないためにも、
今の家庭環境は猫にとって住み心地がいいものであるか否かを見極めることが必要でしょう。

世話をしてくれる人

2番目に確認しておきたい事項として
「猫の世話をきちんとできる人がいるか」ということが挙げられます。
とくに独り暮らしの方で、毎日仕事などで家に滞在する時間が短い場合、
猫を飼ったらどうなってしまうか想像してみてください。

猫が寂しがるのはもとより、食事や下の世話が
満足に行かない上に病気の発見が遅れたりする心配があります。
一度猫を飼ったら、そこからはたとえ動物と言えども「家族の一員」だと思ってください。

それは猫が死ぬまで責任を持ってお世話をするということになります。
元気な時は私たちを楽しませてくれる猫ちゃんでも、
時には具合が悪くなることもあるでしょう。

なので病気になった時の場合に備えて、かかりつけの獣医師さんを決めておくことですね。
猫ちゃんの予防接種や、ワクチンの注射を打ちに行く動物病院としても充分に利用できます。

さらに、注射や治療に掛かる費用も念頭に置いておけば、
あとで慌てることもないでしょう。
もし、これらの問題がすべてクリアできるのなら、
猫を飼う資格が充分にあると思って間違いありません。

飼育する心構えや環境がきっちり整ったら、
ペットショップなどで気に入った猫ちゃんを購入するのもいいですね。

泣いている女性

猫のお葬式

ペット霊園

飼っていた猫ちゃんが亡くなってしまったら・・・。
あまり考えたくはないことですが、いつかはやってきてしまうことなのです。
泣いている女性
そんな悲しい時が来てしまったら、まず猫ちゃんの体をキレイな布なので拭いてあげましょう。
気温が高い夏などは、保冷剤などで体を冷やしてあげておくと良いと思います。
それから葬ってあげる方法を決めなければなりません。
自宅に庭や広い土地がある場合は、そこに土葬してあげても良いでしょう。
しかしマンションに住んでいたり、頻繁に引越しをしている家庭での土葬は難しいと思います。
そこで火葬ということになりますが、ほとんどの飼い主さんが利用しているのがペット霊園です。

ペット霊園とは?

亡くなった猫を火葬してくれ、遺骨を葬ってくれるというサービスを受けられます。
永代供養も可能ですので、自分がいなくなったら誰も御参りをしてくれる人がいないという人でも安心です。
そして最近注目をされているサービスが、自宅でできる火葬です。
これはペットを火葬できる車が、自宅まで来て火葬をしてくれるというものになります。
猫は人ではなく家になつくというように、環境の変化をとても嫌う動物です。
これなら住み慣れた自宅で火葬することができ、猫も安心して天国へ旅立てることでしょう。
ペット霊園でのお葬式の費用ですが、だいたい3万円から10万円くらいと言われています。
さまざまなプランが用意されていますので、飼い主さんの好みで選択をしてください。
ただ、お葬式はお金をかければ良いというものではありません。
大切な猫ちゃんを天国へ送るという儀式ですので、心がこもっていれば費用が安いプランでも構わないと思います。
では、どのようなペット霊園を選べば良いのでしょうか。
ペット霊園はいろいろなところがありますので、選ぶポイントを見ていきましょう。
可能であればあらかじめどのような設備になっているのか、自分の目で確かめておくと良いと思います。
自宅から近いなど、猫ちゃんを御参りしやすい場所のところを選ぶという方法もありますね。
また事前説明をしっかりしてくれる業者を選びましょう。
猫のお葬式の流れ、その後の供養・サービス、かかる費用などの説明は重要なポイントとなります。
このようなことをあいまいにしてしまう業者は、信頼できるとはいえません。
猫の遺骨を預けたはよいけれど、慰霊もなくほったらかしという悪質な業者もいるかもしれません。
大切な猫ちゃんが安らかに眠りにつけるようなペット霊園を選ぶのも、飼い主さんの役割ではないでしょうか。

その他

またペット霊園などの他に、地方の自治体でもペットの火葬を行っているところがあります。
しかしほとんどが合同火葬で、生き物というよりは所有物という扱いをされてしまいます。
担当の部署が、清掃担当の課であることからも推測できるでしょう。
自分の猫の遺骨を拾い持ち帰ることも出来ませんので、あまりオススメはできません。
ただ費用が安く済むというメリットはあります。

棒グラフ

ペット保険

ペットを飼育している日本家庭の割合

棒グラフ
現在日本の家庭では、40%近く物割合でなんらかのペットを飼育しているそうです。
ペットといえども、家族の一員としてかわいがっている家庭も多いことでしょう。
飼育していく上で忘れてはならないことは、ペットは生き物だということです。
怪我をすることもありますし、体調を崩すこともあります。
そのようなときは動物病院で治療をしてもらうしかないでしょう。
しかしペットの治療費は、とても高額だというイメージがあります。
それは人間のように、保険制度が無いからです。
治療費はそれぞれの治療機関で自由に決めることができるので、治療費に差が出てしまうこともあるのが事実です。
ペットの具合が悪そうでも、治療費が高額だということを考えると動物病院に連れて行くことをためらう飼い主さんも多いようです。
我が家の猫が糖尿病で通院したときは、注射一本に5000円もかかってしまいました。
血液検査をすると15000円~20000円ほどの費用がかかりました。
ですから1回病院にかかると、20000円~30000円もの費用が必要だったのです。
さすがにこれが何回も続くと、「今日はいくらかかるだろう?」とひやひやしたものです。
費用の心配をせずに、動物病院にかかることが出来たら良いのに・・・。
そんな思いをかなえてくれる制度があります。
それが「ペット保険」です。

ペット保険とは?

ペット保険は全国どこの動物病院にかかろうとも保険金を請求することができます。
病気や怪我の治療費を保証してくれるので、費用を気にせず治療を受けさせることができるのがメリットです。
ペット保険の種類としては、定額保証型と実費保証型の2つがメインとなります。
定額保証型はペットにかかった治療費の30%~100%が返還されるというものです。
返還額の割合は、契約している保険商品によって違ってきます。
毎月の払い込み保険料は少し高くなってしまいますが、100%返還されるというのはとても心強いと思います。
一方実費保証型は、治療費の実費から保証というものです。
たとえば日額5000円のプランで10000円かかったとしたら、10000-5000=5000円が飼い主さんの負担する額ということになります。
治療費が5000円以内でしたら、負担はゼロですむ場合もありますね。
このようなペット保険に加入してれば、費用を気にせずにペットに最適の治療をしてあげることができます。
最近では猫も高齢まで生きるようになりましたから、病院にかかる可能性も高くなりました。
もしガンなどで長期入院が必要になっても、ペット保険があれば助かりますよね。
気になる保険料ですが、人間と同じように子猫なら安く設定されており、高齢になるにつれ高額になっていきます。
まだ1歳未満の子猫ですと毎月の払い込み保険料が1500円くらいですむプランもありますので、子猫のうちに安心料として加入しておくと良いかもしれません。
保険プランによって給付日数など違いがありますので、加入のさいは確認してくださいね。